みみずくDiary in China (だった)

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記 (だった)

ブラック企業に捕まって心身壊れた話 1

前のポストでちらっと近況報告しておりましたが、昨年2月にジョブチェンジしました。

 

実はですね、そこがまた、ブラックだったんですよ…!

 

帰国直後に短期間(試用期間で不当解雇)勤めていたところ、そこもブラックで、ワンマン経営者がお友達と社蓄を集めて威張っていた、「お猿のお山」会社でした。

 

そこから、試用期間3ヶ月で「自分の意見を言って気に入らない」との笑っちゃう理由で即日解雇(不当解雇)されました。

勿論、元々私も試用期間で辞める気だったのですが、解雇予告手当をもらえなかったので自分で労基署に相談に行き、請求書を出し、当該金を払わせました。

 

そこから、再び求職活動を経て、昨年2月に中華系会社に就職できました。

 

…しかしね、勤務第一日目で、大後悔することになるんです。

 

というのも、募集要項にも就業規則にも労働条件通知書にも、「残業:なし」、「法定時間を超える労働については、割増賃金を支払う」とハッキリと書いてあるのに、

 

「残業は全てサービス残業(無賃労働)」

「毎日最低30分は必ずサービス残業をすること」

 

と、労基法違反を堂々と中国人社長に言われたんですね。

ちなみに、36協定による特別事項なんてありません。

そして、サビ残の強要は労基法第119法違反で経営者は罪に問われます。

 

私はそれを中国人社長に訴えたのですが、返ってきたのは

「日本の法律を守る気はない」

という、とんでもない言葉でした。

 

とはいえ、当時も今も、私にお金がありませんでした。

給料も安かったのですが、早く生活を落ち着かせたい一心で、取りあえずはここで働こう、と思ったのが運の尽きでした。