みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

もうヤだわ…

ここでも何度も触れている、私のFrenemy(友達の振りした敵)。

詳細は、過去記事参照。

oyasumimizuku.hatenablog.com

oyasumimizuku.hatenablog.com

oyasumimizuku.hatenablog.com

正直、本当に面倒な方なので、本音を言えば関わり合いを持ちたくない。

とはいえ付き合い上、それがかなり難しいのでたまに御機嫌伺いのメールをお出しする。

すると、返ってくるのは嫌味と怨念のこもったメールなんだな…。

先日来た返事も例の如くで、ネットを通しても伝わって来る怨念と邪気に、本気で具合が悪くなってしまった。

っていうか、マジで「だから何?」ていう内容を送って来て下さるのよね。

例えば、

○○さんはお忙しいのに、
色々と頑張られており頭が下がる思いです。
頭がいい上に、努力され、また人柄もよろしいので
陰ながら応援しています。

 とか、え?それ、なぜ私に言うの?関係ある??

○○さんに直接言ってあげればいいじゃん。

みたいな内容を延々と。(加えて私は○○さんのことはあまり存じ上げない。)

しかも、間接的に私を貶す内容ばかり。

もうね、こちらは嫌々ながら、でも不義理してはいけないと義務感だけで連絡取ってるんだから、察して下さいな、とマジで言いたい。

本気で返信したいよ、

「その内容、私にではなく直接○○さんに送って差し上げて下さい。陰ながらではなく、堂々と応援して差し上げて下さいよ、○○さんを。きっと喜ばれますよ」(ニッコリ)

って。(´艸`*)

でもさぁ、逆に考えると、ここまで嫌がられているのに一切気付かないその神経、ややこしい日本で生き抜くには必要不可欠な能力だよねぇ。

あと、素晴らしいほどの嫌味をつらつらと、長々と書ける能力。

この方、その方面で講座とかすれば儲かるんじゃないのかしらね?!(;´∀`)

(割と本気)

でもやっぱり私、この方のようにはなりたくないわ。

この方を反面教師にして、私も自分より若い方を貶して気持ちをそいだり、嫌味を言わないよう、気をつけようと思う。

結果として勉強にはなるものの、確実に私の気持ちは下がるしいい思いはしないので、良い反面教師がいるというのも、幸か不幸かわかりませんね。