みみずくDiary in China (だった)

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記 (だった)

未解決

正当な解雇理由に当たらないと、労基署、労働ユニオンからもお墨付きをいただいた私の解雇理由、

そして誰もが違法と認める即日解雇を受けてから約一週間。

いまだ解雇予告手当は振り込まれていない。

ちなみに解説しておくと、被雇用者を解雇しようとする場合、雇用主は30日前にその予告を行う義務があり、その解雇理由は第三者から見ても合理的でなければならない。

もしその予告を行わない場合は、解雇予告手当の支払いをもってそれに代えることができるが、それは解雇日当日に支払わなければならない。

私の場合、解雇理由も解雇形態も違法だったわけだけど、解雇予告手当すら振り込まれていないんだよね。

ーーまさか、通常通り給与日に振り込む気かなと思ったが、それ、違反だから。

ーーちゃんと解雇日に即日振り込まないとだめだから。

 

それに、解雇日までの給与だけ振り込まれて、解雇予告手当が振り込まれない可能性の方が大きい

 

で、どうするかというと、前々回のポストでも予告した通り、解雇予告手当の請求を行う訳だけど、相手がごねた場合を想定して、自治体の労働局に仲介を依頼してみた。 

個人で内容証明郵便で請求する方法も考えたけれど、まずは仲介を依頼できるなら、間に人を入れて、誤魔化されないようにしようと考えた訳。

どの事業所も、労働局からとやかく言われるのは嫌だろうし、対応せざるを得ないだろうしね。

仲介しない、と言われたら内容証明郵便で個人請求を行う。

これも、郵便局が私が送った請求の内容を公的に証明してくれるので、有効な手段だ。

 

そして、もうひとつ。

法テラスに相談メールを出した。

安価で法律相談が利用できるうえに、一定の収入以下など、ある程度の条件がそろえば、民事法律扶助といって、費用の立替制度が利用できるからだ。

損害賠償請求の提訴も視野に入れて、法テラスが直接契約を結んでいる比較的近所の弁護士事務所も調べた。

費用が潤沢になくてもできる手段を講じたい。

 

というのも、あまりに酷い職場だったからだ。

元職員から得た情報によると以前、何の過誤もない職員を「正論を言って職場の空気を乱す」として、よりによって懲戒解雇した過去があると知った。

曰く、「まともな人は、ワンマン創業者に難癖つけられて辞めさせられるか、自分で辞めていく」そうで、確かにその元職員の方もまともな方であった。

 

これ、マジでブラック中のブラック、まっくろくろすけも顔色を無くすほどのマジモンのブラックじゃね???

 

あまりにも酷すぎるので、ちょっと一矢報おうかな、という気が起きてきたのだ。

 

さて、どうなるかな。

 

続報はここでお知らせする予定。

…誰も興味はないかもしれないけれど、記録のために。

フィーリングって大事

下にポストしていたWeb面談予定の4社中、音沙汰無かった1社が、先方が指定してきた時間の小一時間前になってようやく連絡してきた。

しかし、最初から「う~ん」と思っていたのは、相手企業の業務内容などについて話しを聞きたいと連絡しているのに、

  • レジュメを提出せよ(…何の?)
  • 日本語・英語・中国語でな(…え、だから、何のレジュメよ?)
  • あ、あと、英語と中国語でのディスカッションさせるから(…え?!どんな内容を???)

と連絡してきたこと。

 

私はまだ、その企業に応募するかどうか決めていない。

話しを伺って面白そうだと感じれば、応募を検討しようと思っていたし、今までWeb面談してきた他の企業も、そういった対応のところばかりだった。

 

正直に、何のレジュメかテキストチャットで聞いたら、「転職活動で使っているもの」って言われたんだけど、これって履歴書のことなんかいな?

「日本語のものなら用意できる」と言ったら、それで良いと言われたんだけど、応募するかどうかわからないところに、どうして書類提出しないといけないのかな?

英語と中国語でのディスカッションにしても、応募するか決めていないのに、勝手に選考されても…。

 

以上を正直に伝えてみたら、「では、Web面談はなかったことに」と言われ、私も承諾した。

だって、何日も音沙汰なしで、時間ぎりぎりになって色々言ってくるのもどうかと思ったし、対応を見る限り、私はこの企業には合わない。

 

職探しって、恋愛にも似ている。

最初に違和感覚えた相手とは、大抵うまく行かない。

こっちの要望は聞いてくれないのに、自分の要求だけ通そうとしてくる相手とも、どのみち上手くいかない。

 

フィーリングが合って、話が合って、会ってみても違和感なくて、双方の要求にある程度合致していて初めて、良い関係が築けるのだと思う。

 

最初のメッセージで高圧的なところとは、恐らく合わないんだな。

ひとつひとつ失敗と経験を積んで、次は失敗しないよう職場探しをしたい。

今後どうするか

さて、不当解雇にあってからのその後。

どうするか、といえば、次の仕事と住む場所を探す必要がある。

現在住んでいる場所は、如何せん家賃が高すぎる。

 

というのも、不当解雇にあった職場から薦められるままに契約した賃貸なので、元々私の希望よりもかなり高い家賃だったのだ。

でも、職場から半額家賃補助が出るから、ここに住めばよい!と半ば強引に契約させられた経緯がある。

 

今月の家賃は既に振り込んでいるし、今月下旬に引き落とし予定の来月の家賃までは何とか支払える。

という訳で、11月初旬~遅くとも中頃までに次の職場を決め、引っ越す必要がある。

 

現在、Web面談の予定が入っているのは4社。

しかし、内1社は向こうから日時の指定はしてきたのに、その後音沙汰がないので恐らくキャンセルになるだろう。

という訳で、残るは3社。

その内、興味のある仕事は1社だが、給料がかなり安い。(副業可らしいが…。)

 

どうしようかな…という感じ。

どのみち、日本のアカデミックには今すぐには戻れない、というのが私の実情。

 

まずは、生活を確保しなければ。

 

上記以外にも、面白そうなプロジェクトにエントリーはしてみたものの、如何せん今まで採用されてきた人々のキャリアが凄すぎて…。

一応、記念受験的にWeb試験は受けてみたが、初めてのことで勝手がわからず、時間だけが過ぎてしまってろくに回答すらできなかった…。( ノД`)

 

さて、コネなし・身寄りなし・金なしのないない尽くしの私が、どこまでひとりで這い上がれるか。

 

自分でも、ちょっと興味津々でいます。(=゚ω゚)ノ

BBA、不当解雇にあう

前回のポストをしてから、急転直下の出来事なんだけど、

BBA、予告なしの即日解雇という、不当解雇にあいました。

2日前に。

 

さすがに驚いたけど、翌日朝一に労基に相談の電話を掛け、やはり不当解雇だとのお墨付きをもらい、

労働ユニオンにも相談メールをして、やはり不当解雇だとのお墨付きをもらい、

これだけお墨付きをもらうということは、相当ヤバい職場だったんじゃん、私の直感は当たってた!!

と思い、労働基準法第20条第1項に基づき、解雇予告手当請求準備中 ←今ここ

 

ってな感じ。

 

とはいえ、いや~自分でもショックは受けたのか、一日はへこんでた。

そして、今日。

自分でもびっくりするくらい気持ちが回復して、せっせと転職情報サイト巡り中。

 

思えば、出勤初日で「ここはまずい」と感じた職場で、その日から友人には「辞めたい」と何度も言っていた。

 

何てったって、職員に「労働基準法」を遵守するという気持ちが存在しない

労働基準法では、6時間以上の労働時間:45分以上、8時間以上の労働時間:60分以上の休憩を取ること、との規定があるが、私の職場では、

  • お昼休みを取るのは贅沢
  • (一応、社内規定では60分と規定)お昼休みを1時間とるなんて以ての外

と言われていた。

私は、労基法は守るためにある法律で、違反するための法律ではないという認識だから、規定の12時になると仕事を切り上げ、休憩をしていた。

 

すると、それが「周りと協調しない」と言われ、解雇になった訳。

私としては、「え~?!何それ?!それって、“万引きを一緒にしないから、お前ハブるね”ってのと一緒じゃん!!」と思ったんだけど。

 

ちなみに、これも「正当な解雇理由に相当しない」との労基&労働ユニオンのお墨付き

そして、労基の方からは、「その職員たちは愚かです」とのお言葉までもらったわ。

 

本来私も、年内で辞めるつもりで準備はしていた。

ただ、次がまだ見つかっていない状態での不当解雇なので、金銭的に不安がある、というだけでその他の感情はないのだ。

 

それより、ヤバい職場から逃げ出せてよかった、という感情の方が強い。

 

だって、物凄い職場でしたもん。←勿論、悪い意味で

 

これも追々、綴っていくとして。

 

あ~、無職です、私!!

 

求む!!私の能力が活かせる職場!!

 

続きを読む

生きています

帰国して数か月…。

ずっとここを留守にしておりましたが、たまには覘いていました。

すると、コンスタントにアクセスはいただいているようで、ありがたくも嬉しいような、何だか申し訳ないような気持ちでいました。

 

みみずく、生きております。

 

日本の片田舎で、しぶとく、生きております。

 

しかし、順風な生活とは言えません。

だって、就職に失敗してしまったから。

その詳細はまた追々、こちらで綴っていけたらと思っています。

 

とはいえ、私は快適な部屋とスズメの涙ほどの賃金は得られている。

何のコネもない、そして立派な経歴もない私でも、日本で何とか暮らしていけている。

それだけは事実。

 

私より条件の悪い人なんて、そうそういないと思う。

だからここを見てくださっている、転職や就職に悩んでいるそこのアナタ!

 

あなたなら絶対に希望通りの仕事が見つかるから、怖がらずに挑戦してみて!!

 

という訳で、生存連絡でした。

蝉…

ここ2日程前から、蝉(だと思う)の鳴き声を耳にするようになった。

夏ですなぁ…。

これから本格的に暑くなるんだなぁ。

今年から私は日本で夏を過ごす。

 

ちなみに当ブログ、こちらで蝉の鳴き声を聞いた日をひっそりとお知らせしております。

oyasumimizuku.hatenablog.com

oyasumimizuku.hatenablog.com

 

ご参考までに。

何なんだ…

あのね、今日も起きたの…。

昨日と同じことが。

oyasumimizuku.hatenablog.com

 

本気で、どうなっているんだろう…。

2日間連続って、いくらなんでも異常じゃないかな…。

めっちゃ怖くなったんで、上記記事に触れているサイトは使わないことにした。

いくらなんでも、おかしいと思う。

 

ちなみに、思い違いでも何でも無く、連絡が来る企業には、本当に応募していない。

(応募した記憶もなければ、事実上、応募履歴も一切ない。)

 

同じサイトを使われている方で、私と同じことが起きた方っていらっしゃるんだろうか…。

まさか私だけに生じているの???

それもまた怖いんだけど…。

 

いくらなんでも、やっぱり異常だよ。

昨日は私もちょっと面白がっている部分もあったけど、2日連続ともなると、まったく笑えない。

どうなっているのか、本気で知りたい。

 

一応、事態の報告はしているけど、「相手企業に(私の)名前が出せないなら、力になれない」と言われてしまったんだよね。

相手企業の担当者の名前は明かされないのに、どうして被害を受けた私は実名を出さないといけないのか、おかしいと思う。

 

でも、これでちょっと証明できつつあるのは、私の場合、上記サイト経由の応募は例外なく地雷だったから、ここ経由での応募→面接は十分警戒しろ、ってこと。

帰国したらここ経由で応募した企業の面接がいくつか控えているけど、ひとつ受けてみてヤバかったら、他の企業は辞退しようと思っている。

経験上、ここ経由の応募は地雷しかないから。

 

っていうか、日本って色々とおかしいんだな…って再認識している、今日この頃。

 

こんな異常なことが2日連続で起こって、正直、かなり精神的にやられてきています。