みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

The Village

やらなければならないことは山積みなのに、最近映画に逃げている。

そこで、何作か見て色々な意味で衝撃を受けた、M. ナイト・シャマラン監督作の「The Village」を見た。

ヴィレッジ [DVD]

ヴィレッジ [DVD]

 

 

夭折の美俳優リバー・フェニックスの実弟、ホアキン・フェニックス出演作である。

(余談だがホアキンって、シャマラン監督のお気に入りらしく、私が見たシャマラン作品にはほとんど出演している。)

 

映画のストーリーはググっていただくとして、見ていてアーミッシュの人々を思い起こした。

 

最近、色々なことで追い詰められていて、とても苦しい。

でも、アーミッシュの人って凄く幸せに見える。

文明なんて放棄して、私もアーミッシュになりたい!!

 

とかトチ狂っちゃって、アーミッシュのコミュニティについて調べてみる。

スマホ…捨てれるな。テレビ…もあんまり見なくていいし。

車はダメで馬車か…これもイケるな。

讃美歌以外歌聞いちゃダメ…も、ギリ行けるかな。

…読書がダメ??何で?!

…化粧禁止?!スッピンが化け物なんだけど!!!Σ(゚Д゚)

…ひゃっ!高等教育(大学教育)を受けちゃダメ?!もう受けちゃってるんだけど!!

 

そんな中、もっとも私が無理だと気付いたのは、

「電気使っちゃダメってことは、洗濯も手洗い?!面倒臭すぎ!!」(;´Д`)

ってこと。

 

洗濯が大好きな私だけど、それはマシーンウォッシュだからこそ。

PC使えないことより、洗濯機使えないことの方が、地味にキツい…。

だって、シーツとか手洗いして絞って…って、これめっちゃ重労働じゃん!

 

よくよく考えてみると、文明を放棄するって、特に篤い信仰心がないと現代人にはできないことだわ。

ギリなれるとしても、私はメノナイトだな。いや、それも厳しいか…。

 

やはり現状を受け入れるしかないようだ。

 

ところで、表題の映画だけど…。

いやぁ、(良くも悪くも)やっぱりシャマラン作品だな!

との期待だけは裏切らなかったと思う。

もう一度見るかと聞かれれば、大丈夫!十分だ!と言っちゃって差支えない。

夏のお知らせ

寮の部屋にいて、蝉の鳴き声が聞こえると夏を感じているのだが、本日、第一声を聞いた。

去年も同じようなことを記事にしていたが、去年より数日早い。

oyasumimizuku.hatenablog.com

 

そして、去年と同じく、この時期は体調が思わしくない。

季節のせいだったんかな~?それとも年齢のせい?

全然、元気ない。

悲しいニュース

今、ネットニュースを見ていて思わず「えっ?!」と、実際に声が出てしまった。

www.hochi.co.jp

女優の野際陽子さんがお亡くなりになったそうだ。

自分でも予想外のことなのだが、とてもショックを受けている。

 

野際さんは私が物心ついた時にはもう、元夫の千葉真一さんと“おしどり夫婦”として知られていた。

JRグループの夫婦をターゲットとしたグリーン車チケット、フルムーンのCMキャラクターも当時のご夫婦で務めていらしたと思う。

だからこそ、94年に離婚を発表された時にはとても驚いた。

離婚後も以前と変わらず活躍され、深夜ドラマだった「TRICK」で仲間由紀恵さんと親子役をされていたのを、毎週楽しみに見ていた。

野際さんの代表作とされるものはそれこそ山のようにあると思うが、ドラマ化された「ガラスの仮面」の月影先生役は、漫画からそのまま抜け出してきたのではないか、と思えるほどのはまり役であったと思う。

 

全然関係ないけれど、大学時代の同級生に「樹里ちゃん」がいた。

エキセントリックで愉快な彼女は、

「私の名前、千葉真一さんと野際陽子さんの子どもの名前から付けられたんだ~」

と言っていて、初めて野際さんに娘さんがいらっしゃること、そして名前が「樹里」さんであることを知った。

脱線するけど、同級生だった樹里ちゃん、元気かな…。

 

また、私も大好きな番組「徹子の部屋」に度々出演されては、旧知の仲の黒柳徹子さんと楽しいトークをされていて、アナウンサー時代の話、パリ留学時代の話をされていたのも印象深い。

つい最近も、ドラマに出演されていたと聞いている。

 

最後まで現役女優のまま旅立たれた野際陽子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

諍いはあった…からの、外国女子レポート

昨晩、というより本日午前1時半頃、突然複数名の女性が争う声と物が倒れる音が聞こえてきて、とても怖い思いをした。

すぐにブログにその様子をアップしたのだけれど、数時間で削除してしまったので、ご覧になった方はほぼいらっしゃらないと思う。

音のする方向からするにお隣かなと思っていたのだが、これ、ビンゴであった。

 

先ほど、共用洗い場でお隣の女子1(魔女系:英語しか話さない)に会った。

その際、「昨日の音、聞こえた?」と聞かれたので、「聞こえた聞こえた、あれ何だったの?」と尋ねると、始まるマシンガントーク(英語)。

そこで初めて、昨日の諍いがやはりお隣であったことを知った。

 

お隣の女子1は、ルームメイトの女子2(東欧系:アジア系の学生は無視)と仲が悪く、遅くまで外で勉強しているそうだ。

昨晩(というか、本日未明)女子1は、スマホのバッテリが切れたので部屋に充電器を取りに戻った。

しかし、ルームメイト(女子2)は就寝中だったので明かりをつけず、暗がりであちこち探していると、突然女子2が起き上がり、大声で叫んだ挙句に置き型照明を揺さぶり、辺りのものが床にバラバラと落ちた。

その中で鏡が落ちて割れたが、危うく女子1の足が怪我するところであったことから、ふたりで言い争いになったそうだ。

女子1「もし私の足が怪我してたら、パパはアンタ(女子2)を殺すよ、って!!」

女子1「だから私は東欧人は嫌いなのよ!!中国には結構いるから仕方なく付き合ってるけど」

とか何とか、いやはや、外国女子は凄いですなぁ…。

 

女子1は自分は悪くない的なことをくどくどと早口の英語でまくし立ててきたけど、これ、どっちもどっちだと思うわ。

考えてごらんよ。

夜中1時過ぎにぐっすり寝てたら、突然ガチャガチャと部屋に入ってきた挙句、暗がりでガサガサ・ゴトゴト音立てられるんだよ?

そりゃウザいよ。

だからって、物投げたり、大声で叫んだりするのもどうかと思うし。

 

私に言わせれば、東欧人だろうが何だろうが、アンタたちにさほど差はないって。

トイレの使い方は汚いし、男性の目の触れるところに“ショーツ型生理用品”(開封済、辛うじて未使用)をパッケージごとドーンと置いてて、全く気にしてないのも大概だよ?

やっぱり、恥じらいがあって大人しい日本人とは全然違う文化にいる人々なんだ、と実感するわ。

 

ところで、日本では、金髪碧眼・セクシーでスタイル抜群の外国女子に夢見ている日本男児も多いと聞くけれど、彼女たち、日本女子に比べると気性は激しいし、何より、トイレだって関わらず絶対に流さないし、手も洗わないからな。(´◉◞౪◟◉)

 

詳細は、過去記事参照。

oyasumimizuku.hatenablog.com

oyasumimizuku.hatenablog.com

ピュアな日本男児の夢をぶち壊して申し訳ないが、深夜の諍いをきっかけに、外国女子の実態を、現場からみみずくがお伝えしました。

バイオリズム低下中…

何をやっても上手く行かない、バイオリズムがダダ下がる時期が私にはある。

恐らく今がその真っ只中で、何をしても上手く行かない。

例えば、さっきなんて部屋のドアを閉めようとして、なぜか顔を思いっきり挟んでしまい、耳を負傷…。

何やってんだ…。

 

更に、身体のダルさが酷い。

雨続きで湿度が高い上に、気温も下がっているのも影響しているのかな…。

とにかく怠い。

全くシャッキリとしない。

そして、何も食べたくない。

でも、お腹は空く。

困ったもんだ。

(困ってます)メールが送れないのです

このブログ唯一の公開メールアドレスにメールを頂いておりますが、特定のアドレスにメールが送れない、というトラブルに見舞われています。

アドレス変更については以下参照。

oyasumimizuku.hatenablog.com

 

受信はできています。お便りいただき、ありがとうございます。

また、試してみたところ、大体のアドレスにはメール送信(返信)できています。

ただ、何度送ってもどうしてもダメなアドレスがあります。

MAILER-DAEMONが返ってきて、どうも先方には届いていないようなのです。

VPNを通してみてもダメで、原因がつかめていません。

頂戴したメールには、遅くとも大体3日~1週間程度でご返事申し上げておりますので、届いていないぞ、という方がいらっしゃいましたら、恐らくその特定メールアドレスに該当している方だと思います。

本当に失礼致しておりますが、原因がつかめておりませんので、どう対処していいのかもわからず…。

ご返信申し上げることはできておりませんが、頂きましたメールは、ありがたく拝読しております。

ご返信申し上げることが叶わず、申し訳ありません。

 

以上、メールに関するお詫びでした。

真夜中に貼り紙 (不本意ながら)決着編

実は、ひとつ前のエントリーを投稿した数時間後、事態は一応の決着を見せた。

oyasumimizuku.hatenablog.com

 

しかしながら、私にとってはかなり不本意な結果となった。

 

寮監さん(その2)に報告した時、「登記上は女性なのに、実際の住人は男性」という点が引っかかったのか、どうやら寮長に報告してくれたらしい。

数時間後、寮長さんとなぜか寮監さん(その1)がふたりして来てくれて、事の次第を報告してくれたのだが、結論から先に言えば、上の階の住人は、

今月末で帰国

するそうだ。

 

そして、登記上の住人が入れ替わっている件については、

  • もともと別の階にルームメイトと住んでいたが、ルームメイトは中国語が話せず、意思疎通が難しかった
  • ちょうど帰国する仲間(恐らく、ムスリムつながりじゃないかな…)がいたので、その女性と部屋を入れ替わった

そうだ。

帰国したお仲間の女性は、登記上は中国内に留まっていることになっているので、部屋を引き払うことをせず、お仲間男性(私の上の階の住人)に部屋を又貸ししていた、という訳。

本来ならこれ、立派な寮規違反。

でも、上の階の住人は今月末での帰国が決まっているため、寮長さんも事を荒立てることをしたくなかったんだろうね、御咎めなしみたい。

もっと早く言っていれば多分、何らかのお咎めがあったんじゃなかろうか…。(-_-;)

 

また、騒音については、

  • 凄く気を遣っている

らしいけど、現在進行形でガタガタ・ドスドス・ギーギーめっちゃウルサイし…。

前に比べたらほんの少しマシになったかな、程度。

 

ほんの少しって言っても、マジで2mm程度だからな、体感的に。(´◉◞౪◟◉)

 

よって、今月末まで私は更に我慢しなければならない、ということになり、本当に不本意な結果となった。

 

よって、

【チャイ住の皆さまへの教訓】

  • 我慢はするな、するだけ自分が損する!

何か問題が生じたら、日本的感覚ではまず我慢、だけど、我慢なんて最早美徳でも何でもない

しかも、日本にいるならまだしも異文化にいるんだから、我慢すればするほど自らを消耗させ、心身に異常を来たす

海外での心身の不調は文字通り、命を縮める自殺行為だ。

「何も言わない」=問題なし、と認識されるので、正当な主張はガンガンしてOK!!

 

以上、どうぞ心にお留め置きいただきたい。