みみずくDiary in China (だった)

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記 (だった)

『死ぬときに6000円あればいい』

ようやく、事態が動こうとしています。

私の方に気力がなく、滞ってしまっていた部分もあるのですが、やっとです。

 

相手は、私は健康体で元気だと思い込んでいるようで、容赦なく色々とされて本当に辛いのですが、私がたまたま調子が悪いだけだ、仕方がない、と割り切るしかないと思っています。

私の人生を、次に進めようと思っています。

 

色々と思うことはあります。

でも私は、自分を嫌いになることをしなければ、それで良いと思って過ごしています。

 

そんな中、見かけたこの記事。

www.moneypost.jp

 

俳優の森繁久彌さん(故人)は、生前、私の好きな番組『徹子の部屋』によく出演されていて、徹子さんと仲の良い往年の名優という印象で、正直よく知りません。

その方がよく語っていらしたのが、タイトルの言葉だそうです。

 

詳細は、上記記事を読んでいただくとして、この言葉、潔くていいなと思いました。

お金って、なければないで辛いですし不安になりますが、そうか、こういう考え方もあるんだなと思いました。

 

確かに、生きているのをやめない限り、お金がなくても生きてはいる。

私は幸いにも生きているのだから、また仕事をして賃金を得よう。

 

そう思っています。