みみずくDiary in China (だった)

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記 (だった)

百奇と中国のコンビニ事情 ※2017年12月6日写真追加

先日、学内スーパーでポッキーを買った。

本当はチョコレート(板チョコ系)を食べたかったのだが無かったのだ。

f:id:oyasumimizuku:20171123223126j:image

グリコは中国語で格力高(ge li gao)、ポッキーは百奇(bai qi)。字だけ見るとちょっと変な感じ?(^▽^;)

パッケージにある「美味升级」は美味しさバージョンアップ、「巧克力味」はチョコレート味。

漢字なので中国語が分からなくとも、何となく意味は伝わると思う。

一箱5.3元(約90円)。価格も日本とさほど変わらない感じだろうか。

 

そしてさっき、ファミマでムースポッキーを見つけてしまったので思わず購入。

f:id:oyasumimizuku:20171128161632j:image

慕思(mu si)がムース。「如雪般融化」、漢文風に書き下し文で読むと「雪のたぐいの如く融化する」で雪のようなくちどけ。

現代中国語も、漢文の知識があれば日本人には比較的容易く読める。

一箱8.8元(約150円)。これも日本とあまり変わらない価格かな。

 

私の住む寮の近所には、日本でもお馴染みのコンビニ、ファミマとローソンが何と並んであるんだけど、久々にローソンに入ってびっくり!

山崎製パン売ってた!!Σ(・ω・ノ)ノ!

チーズ蒸しパンしか無かったから購入は見送ったんだけど、そのうち中国でも「ヤマザキパン祭り」開催したりするんだろうか…。

しかも、日本ではお馴染みのコンビニクリスマスケーキの予約受付のポスターも貼ってあった。

 

ちなみに実は、日本発のコンビニであるファミマ(中国名:全家)は、中国大陸では“台湾系”ということになっている。(笑)

多分、反日感情に“考慮”してのものだと思う。

あまり日本っぽさを押しださず、CMキャラクターも台湾の人気バンド五月天(May Day)や台湾の人気女優・陳意涵(アイビー・チェン)さんを起用しているし、商品展開も台湾風味の麺など、極力日本と無関係を装っている。

 

対するローソン(中国名:罗森)は、元々はアメリカの牛乳販売チェーン店であったが、現在では日本資本のコンビニチェーン店となっている。

店内を見る限り、ローソンの方が「日本推し」感を出した店舗経営のようだ。

日本語パッケージの日本直輸入の飲料水なども普通に売ってあるし、前述のヤマザキパンのような、日本でもおなじみの商品の取り扱いが多いし、お弁当なども日本風な味付けの商品展開であった。

 

で、お店の繁盛具合はというと、私の寮の近所に限って言えば、ファミマの圧勝である。

やはり「日本推し」を前面に出さない方が受け入れられやすいのかなぁ…。

 

とはいえ、今日ファミマに行ってびっくりしたのは、日の丸に熊本城背負ったくまモン(酷MA萌)が店舗のガラス一面にシールペイントしてあったこと。


f:id:oyasumimizuku:20171206160029j:image

ええ~~~?!?!Σ(゚Д゚)

ファミマさんよぉ、アンタたち、日本感を打ち消そうと今まで必死に頑張ってたじゃん???

自分からカミングアウトしてるんだよ?!?!

 

でもね、「ファミマは“台湾系”」と信じて疑っていない中国人、こんなことをされてもファミマが日本資本のコンビニだとは全く気付いていない様子。

中国でも大人気の「くまモンコラボのキャンペーン中なんだな~」くらいにしかみんな思ってない。

 

やっぱり、何か不都合な真実をぶちまけるときは、笑っちゃうくらい盛大かつ大胆にカミングアウトすると、「ハイハイ、わかった、わかった」的な反応をされて、最終的には丸く収まるんだね。

 

これで、のちに日本資本と誰もが知るところとなっても、ファミマとしては「え?!今まで散々アピールしてましたけど?」って言えるし、中国人としても「えっ?!あれってまさか、そういうことだったの?!」ってなるもんね。(^▽^;)

 

う~ん、ファミマ、お主なかなかやりおるのぅ…。策士じゃ…!!