読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

Prosopagnosia?

相貌失認(失顔症)ではないが、私は昔から人の顔を覚えるのが得意ではない。

並外れて造形が美しいとかの特徴があれば別だが、特に男性の顔はそんなに区別がつかない。(美醜の別だけはわかっている…つもり。)

 

同じアジア人でもそうなのだから、民族が異なると完全にお手上げである。

ホワイトの方もブラックの方も、男性はほぼ見分けがついていない。

 

しかし最近、顔見知りではない(と思うが自信はない)ブラックまたはホワイトの男性に、やたらと挨拶をされたり、親しげに研究の進捗状況を聞かれたりする。

誰とでも話を合わせるのは得意な方なので、笑顔で楽しげに会話(英語)をするものの、内心、

「誰…?この人、誰…??同じ階にこんな人いた…???」(;´∀`)

と、クエスチョンマークだらけである。

 

寮内で声を掛けられるとまだいい。

街中を歩いていて声を掛けられると、笑顔で会話を弾ませるものの、本気で

「だから、誰…?同じ寮の人…??それとも…???っていうか、マジで誰…????」(;´Д`)

と、プチパニックである。

 

って言うか正直、寮内で声を掛けてきた人と、寮の外で声を掛けてきた人々が同一人物なのかどうかすら、まったくわからない。

 

笑顔で話しているように見えても、内心では大焦りであること、どうぞご理解いただきたい。