みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

パンドラの箱

寮の部屋を掃除していると、ホコリがベッド下へとスイッと吸い込まれていき、二度と出てこない。

ベッド下は閉鎖された空間なので、こちらに越してきてから数年間、ずっと見て見ぬ振りをしてきた。

しかし数日前、シャワーから部屋に戻ってきて、何かが慌ててベッド下へと潜り込むのを見てしまった。

裸眼だったため何なのかがわからず軽くパニックになり、髪も拭かないまま、殺虫剤をベッド下のわずかな隙間に向けて、とにかく吹きかけまくった。

季節が季節だけに、あの嫌な虫、Gだったらどうしようと怖くなり、今日ようやく重い腰を上げてベッド下の掃除をすることにした。

(ちなみに、今まで一度も部屋の中で例のGを見たことはない、念のため。

 

とはいえ、ひとりなのでかなりの重労働である。

ベッドスプリングを大汗かきながら四苦八苦して何とか下ろし、恐怖に慄きながら恐る恐るベッドの底板をあげる…と、そこは、

 

ホコリの山、山、山…!!

 

恐れていた不快害虫の姿はなかったので一安心したのだが、とにかくホコリが凄い!

これをまた苦労して掃除し、モップ掛けをし、念のため殺虫剤をもう一度満遍なくスプレーした。

その他、動かせるものは頑張って動かし、掃除→モップ掛け→殺虫剤をスプレー、を数度繰り返し、ようやくお掃除終了!

簡単に書いているけど、この間、約3時間半!!

頑張ったなぁ~、いや、本当に。手前味噌ではありますが。

腕は筋肉痛で、肩と腰が張って痛い。それほどの重労働だった。

 

でも、恐る恐る家具を動かしてわかったこと、それは、私が見たのはどうやらクモだったらしい、ということ。

CDコンポを置いている棚の下で、ご臨終の姿を発見した。

その他、ひとつだけだがタバコの吸い殻もベッド下で発見して、前の住人が喫煙者だった可能性があることもわかった。

 

ちなみに、出てきたホコリの総量約1kg!!

よく溜まったものだ、とある意味感心するほどであった。

ついでにファブリック類をしこたま洗い、大掃除終了。

これで、くしゃみも少しは治まるだろうか。

最近、空気清浄機をつけているのに、くしゃみが止まらなかったのは、この大量のホコリが原因だったのではないかと考えている。

 

それにしても、「パンドラの箱を開ける」って、あんな気持ちになるんでしょうか。

今日は心身ともに疲弊して、もうぐったりであります。

早くシャワーに行って休もう。