読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

得取りたい…!

昨日申請した某研究助成プロジェクト、オンライン申請だけで良いと思っていたら、紙媒体を提出せよとのお達しが来た。

…え?今時まだ紙が必要なの?

とは思ったが、そこは融通の利かない日本式、従わなければなるまい、とここから日本まで郵送して何日掛かるか調べると、およそ1週間と出た。

…え?マジで?!EMSでこんなに掛かるの?

期日ギリギリになるじゃないか。

 

そこで、一応ダメもとで日本にいる知り合いに国際電話をかけてみた。

私:今からそちらにネット経由でファイルを送るから、それをプリントアウトして、指定の住所宛に送ってもらえない?

知:……………(長い沈黙)、何のファイル?

私:(ファイル形式に何の意味があるの??)ExcelとWordの普通のファイルだよ

知:……………(長い沈黙)

私:(イライラ)国際電話だから、簡潔にお願い!お願いできる?できない?

知:……………(長い沈黙)

私:(更にイライラ)どっち?

知:……………出来ない

私:(え?!何でこんな簡単なことができないの?!)わかった、じゃあね

埒があかなかったので、電話を切るやそのまま書類をひっつかみ、歩いて20分ほどの郵便局にEMSを出しに行った。

掛かった費用、何と120.5元なり!!(日本円:2,300円ちょっと

高すぎるよ…。しかたないけど。

もし知人が手伝ってくれたら、手間賃込みでも数百円で済んだはず。

郵便局で、局員さんに「日本にいる家族に私に代わって出してくれないか、とお願いしたんだけど、出来ないって断られた」って言ったら、絶句してた

こういう家族間の人情は、中国人は最重視するんだよね。

他人が信用できない分、家族をとことん信頼している。家族間で無情なのが全く理解できないらしい。

って、ここでもうお分かりでしょうがネタばらし。

知人=家族なんだけど、実は今まで一度も物心両面での支援を受けたことがない。

(もちろん、第一支援を受けるような歳でもないので、億一(万一ではない)その可能性があっても、受けませんよ!)

とは言え以前も、日本に電話して、「(電話口から数メートル先にある)棚にある私の通帳の残高を教えてくれないか」とお願いして、面倒だと断られた

…きっと私には、テレポーテーション能力があると思ってるんだ、あの人たち。

そのほかにも今まで色々とあって、私には日本に身内がないと思って正解だ。

というか、身内がいると思っていても、通帳残高さえ見るのが面倒だと言われてしまった以上、存在しているとは思えない。

だったら、最初から何も期待しない方が精神衛生上いい。そうじゃないと、やってられない。

今回は、私の魔がさしたのだ。「もしかしたら…」と期待した私が悪いのだ。

円安の今でなくても、日本から金銭的・物質的援助を一切受けていない私にとって、120元は大金だ。

半月以上の食費に相当する。

そんなことを考えながらの郵便局からの帰り道、色々な感情があふれて涙が出て来てしまった。

でも、自分を可哀想だとは思いたくない。

何とか笑い話にしたくて、いつもならあまり声を掛けないのだが、日本人留学生に声を掛けてランチに行った。

そこで上記の出来事を話すと、相手も絶句していた。

留:ご家族、変わっていますよね?ネット出来ない方ですか?

私:いや、出来るはず。仕事で毎日PC使ってるから、プリントアウトもできるはず

留:じゃあ、何で断るんですか?

私:…私が聞きたい

留:国際電話で沈黙されたんですか?費用高いのに、キツいっすね

私:うん。めちゃキツイ。何も話さなくてもお金かかってるって知らないのかな?

留:…本当に、かなり、っていうか相当変わっていらっしゃいますよね

と特に「断る理由が何なのか」を中心にたいそう不思議がられたけど、大丈夫、私にもわからない。

予想外の大出費に、懐はかなり寒い。とても痛い出費ではあるが、改めて自分の置かれている状況を見つめ直す、良い機会になった。

私は家族には恵まれていない。だからこそ、自分で生きていく術を修得して強く生きて行かねばならないのだ。

今回の申請の結果がどうあれ、今回の出来事もきっと私の糧になる。

とは言え、今気づいたんだけど、EMSがもし未着だった場合の処理を、いつもは「放棄」にするのに、今回は「(送料差出人負担で)返却」を選択してしまっていた…!

この部分は、局員さんと中国語でやり取りしながら決めたのだが、「退」の意味を誤って使ってしまった…。

ああ、お願い!!

私の書類、きちんと届けて~~~!!!

返却されても、払うお金がないよ~~~~~!!!!!