みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

「悩み」の定義

「悩みは特にない」

そう言うと、大抵は「嘘でしょ」とか「まさか」、はたまた「羨ましい」などとよく言われるが、実は私には「悩み」の定義が明確でないから冒頭の回答になる。

 

「悩み」とは

「悩み」を手元にあった電子辞書(デジタル大辞泉)で引いてみると、

(1)思いわずらうこと。心の苦しみ。

(2)やまい。病気。

とある。

 

(1)を「悩み」の定義とする場合、恐らく何か生じた事柄に対してその原因や結果などを“思いわずら”ったりするのだろう。

そして生じた問題や困難な状況の解決・打開方法がわからず“心の苦しみ”となるのだろう。

この場合、私には当てはまらない。

何か生じた事柄に対して、私はあまり執着しない。

変なところで中国人化してしまっているのか、何か生じてもその原因を含め「仕方がない」と思ってしまう。

また、生じた問題などについても、解決・打開方法は常に自分の中にある。要は、それを実行するか否かは自分次第なのである。勇気や気力、根気がなくてその方法を実行できない場合も、それが自分の選んだことであると思っている。だから、“心の苦しみ”とはならない。

(2)を定義とする場合、幸いなことに健康で過ごすことができている。本当にお陰様で生きている。

という訳で、冒頭に戻って「悩みはない」という結論に至る。

 

…とは言え、便宜上、「悩み多き」日々を送っている、と頻繁に言ったり書いたりはしているのであるが。