読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

元宵節快樂!

日記 普段着のChinaあれこれ 留学生活あれこれ ムカつくわ 徒然思考 日々の雑記

今日は、「元宵节」(yuan4 xiao1 jie2)といって、中国でも重要な(?)お祝いの日のひとつ。

旧正月から数えて最初の満月の日で、汤圆(tang1 yuan4)という丸いお団子の入ったスープを飲んで、家族団欒(团圆:tuan4 yuan4)をする日である。

これが明けると、春節もいよいよ終了し、仕事や学校も正常通りに動き出す。

 

そんな日なのに、同じキャンパスに住む中国人の友人(大学職員)から食事に誘われたので、中華食べに行ってくるのです。

あ~、やだやだ。中華なんて食べたくないよぉ!

どうせ食べに行くなら、もっと美味しい料理がいい!(;一_一)

とは私の心の声で、外国料理をまともに食べたこともないのに、「中華料理は世界一!」と信じている友人に言えるはずもない。

 

誤解を恐れずに言うと、超高級なもの以外、中華料理ってぶっちゃけそんなに美味しくないよ。

どんな食材も、中国人が大好きな化学調味料「味精」(wei4 jing1)東西南北全く同じ味のものしか出て来ないもん。

 

日本だったら、例えばお味噌汁ひとつとっても、各家庭で使っている味噌や出汁も違えば、使う具材も異なるので味にバラエティがある。

でもここでは、食材に違いはあっても味付けは全部「味精」なので、どこに行っても見た目は違えど同じ味のものしか出て来ない

これ、私だけが思っているのかと思ったら、華僑の友人たちも、他国から来た留学生もみんな言ってた

マレーシア華僑も、タイ華僑も、ベトナム華僑も言ってたんで、「味精」であらゆるものを同じ味付けにしちゃう調理法って、きっと大陸特有なのかなぁ?知らんけど。

 

以前アパート暮らしをしていた時、中国人が私の部屋に来て料理を作ってくれたのだが、「味精」がない、と大騒ぎをしたこともある。

曰く、「「味精」がないと、料理がおいしくならない」そうな…。いや、使っても十分にマズi…。

また、中国人が料理するのを隣で眺めたこともあるが、ビックリするほどの量の「味精」をすべての料理に使う。

マジで、何にでもふりかける。

それ、入れ過ぎじゃないの、と止めたくなるほど大量に、現役時代の水戸泉関の土俵入りの塩まきのように、これでもかというほどふりかける。

 

ちなみに、スーパーに行けばこの「味精」がキロ単位で袋詰めで売られており、人民は普通に「3kg」や「5kg」入りを数袋は購入していく。Σ(・ω・ノ)ノ!

いや~、あれだけ化学調味料を日常的に摂取していれば、味覚がおかしくなる訳だわ。

 

でも、超高級なものはちゃんと素材を活かした味付けだから、

「味精」による味付け=庶民の味=家庭の味

なんでしょうな、ここ大陸では。

 

繊細な舌を持つと言われる日本人は、最初は良くても、中国での滞在歴が長くなればなるほど、中華はあまり食べに行かなくなる傾向があるようだ。

あ、でも、実家で親御さんの手料理をあまり食べたことが無く、毎日お惣菜ばかりだったと言っていた某留学生は、いまだに中華が美味しいそうな。可哀想に…。

確かに、自炊で体調管理をしている身としては、中華の化学調味料たっぷりのこってり味は、舌が敏感に反応してしまう。

元来自然志向の日本人が、中国に来て食が合わないのは、至極当然のことだと思うのであります。

 

あ~、それにしても行きたくないわ。( ;∀;)