みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

怒声に耳栓

寮の前で工事が行われていて、とにかくうるさい。

もちろん、施工の騒音もさることながら、何がうるさいって、そりゃあ、工事作業員のオッチャン中国人の話し声が一番迷惑なのだ。

爆買いで日本に大挙押し寄せる中国人をご存知の方なら、中国人の話し声のうるささをすぐにご理解いただけると思うが、海外に行ける中国人は、あれでも少しマシな方なのだ。

 

本場の、一般的中国人の話し声の大きさとうるささは、恐らく日本人の想像をはるかに超える。

 

しかも、中国人の朝は早い。

工事作業開始は多分早朝7時(早すぎるだろ!!)なのだが、その小一時間前には現場に集合して、怒声で雑談を始める。

しかも地方出身者の方言なので、何を話しているのかはさっぱりわからない。

ということで、早朝6時前後には、もうあのうるさいおしゃべりが始まってしまうのだ。

TPOという概念がないここでは、早朝であろうが全く意に介せず、作業員のオッサンたちは、怒鳴り声で雑談をしている。

決して喧嘩をしている訳ではない。

彼らにとっての普段の話し声の大きさが、日本人の感じる怒声レベルだ、というだけだ。

その声の大きさに、何度びっくりして飛び起きたことか。

 

そして、おしゃべりもさることながら、参ってしまうのは、

 

カーーーーーーーーーーッペッ!!!!

 

という、ところ構わずどこにでも痰を吐く、あの嫌な音である。

朝っぱらからそこかしこから何度も何度も繰り返しこの音が聞こえてきて、精神的にすっかり参ってしまった。どうしてこう何度も出るのだ、と不思議になるほど何度も聞こえてきて、せっかくの朝が本当に台無しである。

余談ではあるが、ここ数年がどうなのかは知らないが、大昔調べた時に驚いたのが、中国人の死亡原因のトップが「呼吸器疾患」であったことだ。

最近の傾向を調べていないのではっきりとは言えないが、現在も恐らく、死亡原因の上位に位置するのがこれではないのだろうか。

それほどこちらでは大気汚染が酷いし、工事現場の作業員にも決まった作業着もなく、自宅から各々自由な服装で出勤してきて、マスクなどもせずに粉じんを吸い込みながら作業をしている。

道を歩けば、老若男女・美醜に関わらずみんな上記の「カーーーーーッペッ!!」で、ところ構わず痰を吐いている。

よって個人的には、中国人を美人だとかカッコイイと思ったことがほぼない。

あの痰を吐く姿と音で、すべてが台無しだからである。

産業革命時の英国の話ならいざ知らず、各方面の煤塵ろ過技術も向上した現代においてもこれなんて…。

人口が多すぎる国だから、作業員を含めた人々の健康などはどうでもいいのだろうか。

あまりに騒音が酷く、睡眠不足など体調に影響を来たし始めたので、ついには耳栓を購入した。

まだ日本にいた頃、大学受験時にも実は一度購入したことがあったのだが、耳が痛くなってしまい、結局使わなくなってしまった。

あの二の舞はしてなるものかとネットで検索した結果、シリコン素材で自由に形を変えられる、粘土質の耳栓があることを知り、試しに購入してみた。

まだ数回しか使っていないが、今のところ、私の要求を満たしてくれている。

もちろん輸入品(私が購入したのは米国製)なので決して安くはないが、あの怒声と痰を吐く不快音を聞かずに済むと思えば、安いものだ。

 

日本のように、静かでお行儀が良く、所作も洗練されていて美しい国から来た者としては、人々の品のない言動が、時として耐えようもなく受け入れられなくなる。

どうしてここに来ちゃったんだろうね?(´・_・`)

 

それは、私がアホだから。

はい。十分、わかっておりますよ。(。-∀-)