読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

そうなんじゃないかな

私の変わった家族について、昔からの記憶を掘り起こしていて、ハッと気付いた。

程度の軽少はあれど、アスペルガー症候群だよ。

(スーザン・ボイル氏もアスぺを告白したそうだが、態度など、確かに雰囲気は私の家族とそっくりである。)

特徴をネットで調べてみると、ほとんどあてはまってる。

本人も、

  • 電話中にメモが取れない

と言っていたし、まず思い当たるのは、空気が読めない。

というか、人の気持ちがまったく理解できない。推測すらできない。

一例を挙げれば昔、私が誤って指を切ってしまって大出血したことがあった。

近くにいたのにその人は顔色一つ変えず、また私を気遣うことも一切なく、何も見えていないかのように素通りして行った。

大量の血を見てすっかり怯えている私が、「お願い、ティッシュかタオルを持って来て」と言ったら、「何で?」と聞かれて、面喰ったことがある。

(というか、何を言っても必ず、「何で?」と返す。いい加減慣れてしまったが、未だに「何で?」と聞かれる理由がわからなくて、こちらは困惑してしまう。)

「見えない?私、血が出ているの。普通、こういう時には心配するものだよ」と言ったら、「自分は怪我してないし、怪我をしても痛くないから」と平然と言ってのけた。

大量の血を出して怯えている人を見れば、「大丈夫?」「痛いよね、救急箱持って来る」など、気遣うのが普通であろう。

この時に気づいていればよかったけど、昔からこの調子だから、あまり異常だとは思っていなかった。

しかし、今だったら言える。

ここは見ていないと思うけど、あなた、やはり異常だよ。一度病院に行ってみるといいよ。

その他、物事の順番に異常に固執する。

自分の決めた手順でないと物事を何も進められない。

そして、他人からは理解できないようなことに対して、異様に強いこだわりを持っている。

また、何か頼みごとをする際に、細部に至るまで事細かに指示を出さなければ、それをすることができない。

ここには到底書き切れないけど、異常エピソードは腐るほどある。

そういえば親も、「育てにくい。どうしてこんなに育てにくいのだろうか」といつも言っていて、何をするにも付きっきりで面倒を見ていた。

対する私は何の手もかからなかったので、今に至るまで放置されているw

 

そんなにおかしいとは思っていなかったけど、長じるにつれて、“変わっている”では済まされないエピソードが多過ぎることに気づいた。

言われてみれば、本人も生き辛さを感じているらしいことは、何度か言っていた。

でも、病院に行くことはできない。

小さいころから、医者との会話はすべて親の口を通さないとできないからだ。

自分の身体であるのに、症状を自分の言葉で説明できない。

親が「喉が痛いのよね?」「昨日から、お腹が痛いのよね?」などという言葉を掛け、本人が頷くのみ、と言うスタイルで受診してきたからだ。

大人になっても、自分の口で病状を説明するのが苦手のようで、結果的に病院嫌いのようだ。

 

旅行は好きなようだが、ひとりでは行けない。

大抵誰かと行って、付きっきりで面倒を見てもらうのが好きなようだ。

(私が大抵面倒を見る羽目になる。)

また、旅先で知らない人と言葉を交わすのが、やはり極端に苦手のようだ。

 

私から見ても、人生を20年以上は損しているように見える。

とは言え、自分で何か行動を起こすことはできないので、本人的にはどうしようもないのかもしれない。

 

まあ、ここ見ていないと思うけど、自分の人生なんだから、いい加減自分で動かさないとね。

 

っつうか、これって長子に多いのかな?

境界ではあると思うけど、私の知る人で、私の家族より大分マシだけど、似たような人を知っている。

その人もやはり長子で、両親に大切に育てられていたようだ。

 

しかもこれって遺伝的要素が強いらしい。血縁者だけに、私も他人事ではないや…。