みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

差不多は差太多

中国人が多用する言葉のひとつに、「差不多」(cha bu duo)がある。

文字通り差が多くない、即ち大体同じという意味であるが、私はそうは思わない。

 

先月のエントリー「中国人は永遠に日本人を理解できない」でも少し言及したが、私は個人的に、日本人は物事の相違点に着目する文化におり、中国人はその類似点に目が行く文化に属していると思っている。

だから、中国人の言う「差不多」は、私が見れば「差太多」(cha tai duo)、つまり全然違う、になってしまう。

 

今日、久々にスーパーに買物に行ったのだが、何かのキャンペーンでハローキティ(モドキ)の着ぐるみがいた。しかしそのキティはどう見ても粗悪な偽物で、私が見るとキティにはとても見えない、不気味で薄ら怖い着ぐるみであった。

まず、等身がまるで違う。普通の人間が、頭だけキティ風の猫のような、そうでないような、化物のような、何だかよくわからないデッカイかぶりものをしているのである。日本だったら子どもが一目散に逃げ出すであろう、まことに悪魔的なビジュアルであった。

しかし人々は皆「あ、ハローキティだ!」と口々に言い、とても嬉しそうにしていたので、あの物体をキティと認識している様子であった。

 

…どこがだよ!

 

しかしまあ、彼らにとっては「差不多」でキティなのだ。

中国では、様々な粗悪なパチモノがあふれているが、きっと彼らにとっては、「差不多」。半分以上類似点があれば、それはもう「差不多」なのだ。なんなら、「どこが本物と違うの?」くらいの勢いなのであろう。

え?私??私にとっては勿論、「差太多」!どこが同じなのか、全く理解できない。

これが日韓の文化の相違の一端でもあろう。