みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

“面子のない”日本人

中国人からよく「日本人はメンツがない」と言われる。

その度に私は、「日本人にも面子はある。しかし、その内容が違う」と言っていたのだが、最近、まさにそれを身を以て経験した。

日本の大学教授に誘われ、数日前からある研究会参加のため、中国のある地方都市に来ているのだが、その費用が全て自費なのだ。

もちろん、教授陣は公費で来ている。しかし私は全て自費。しかも、食事代なども自分で払わなければならない。

中国の場合、同様のケースでは学生は何も支出しなくてよく、全て教授(学校)持ちだ。

(ありえないが)もし自費で来ている学生がいたら、誰かが費用を援助する。

しかし私はそれがない。教授陣は公費で来ているし、中国の飲食代なんてタガが知れている。

しかし誰も「私が払うよ」とは言わない。知らんぷりである。

よって、教授陣が豪華なレストランで食事中、私だけファストフードなどで済ませている。

別に払ってくれとは言わないが、誰も気遣いがないのには驚かされる。

そして何より驚いたのが、無神経さである。

私は教授陣が公費で泊まっている高級ホテルに泊まるお金がなく、近くの安いチェーンホテルを取っていた。

飛行機の遅延で、初日のホテル到着が深夜になったのだが、中国の治安はどこもそこまで良い訳ではないので、私はすぐにでも自分の泊まるホテルに行きたかった。

しかし、責任者のお偉い先生が私に言ったのは、「中国側の先生が来ているから、その先生の挨拶を聞いてからホテルに行け」という言葉だった。

 

無言。

 

ただただ、無言。

 

挨拶だったら、翌朝ゆっくりした方がいいに決まってるし、私の事情を話したら、中国人の先生なら必ず「先にホテルに行きなさい」と言うに決まっている。

 

ちなみにこのことを中国人のクラスメートに話すと、

 

「まさか!!本当?!日本人の大学教授って、給料安いの?」

 

と驚かれてしまった。そうだよなぁ。お金がないから学生にお金を出させる、としか思えないよね、中国人にとっては。

 

日本人って、面子がない。

私も確かにそう思ってしまった。