読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

初へこみ2015

小一時間前の出来事。

棚にあるものを取ろうとして椅子に登る

突然めまいがして椅子から転げ落ちる

ベッドフレームに身体を強打

痛さのあまり床に転がり悶える

ひとりで悶絶するのが情けなくなり、お菓子をヤケ食い

やっぱり強打した身体が痛いのでベッドへ

寒い、痛い、情けない、寂しい、胃もたれ ←今ここ

 

不幸中の幸いは、厚めのニットカーデを着ていたのでほんの少しクッションになったこと。

しかし、もし打ちどころが悪くてそのまま気を失ってしまっても、誰も気づいてくれないよ。

脇腹から背中、そして脚をぶつけて痛いけど、頭じゃなくて良かった。

気をつけないといけないな。

 【追記】

 起床して気付いたが、腕も強くぶつけていたらしく腫れていて痛い。腰と背中も鈍痛が走っている。

 しかし自分でも「日本人だな」と思ったのは、椅子から転げ落ちた時、身体の痛みを感じるより先に「下の階の人、今の音で起きなかったかな?大丈夫かな?申し訳ない」と床を転げまわりながら考えたこと。

 結構な高さから落ちてズドーンと割合大きな音がしたから、安普請のこちらの建物ではたぶん響いたはず。

 やはり日本人。“人様の立場に立って考える”教育が、骨の髄まで染み付いているようだ。