みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

乖離

友人たちに30日間限定公開アルバムをお知らせしてから、色々と反響を貰ったけど、やっぱり色々と乖離してきたかな、と思ったのが、北朝鮮との国境の町に一人で行った、ということについて。

危なくないの

こんな時期によく行ったね

などと言われて、ああ、日本ではこのように思われているんだな、と感慨深かった。

 私はこちらに来て、授業によってはクラスメートに普通に北朝鮮人がいたりして、特に嫌悪感を感じることなく、他と変わらず交流してきた。

中国という第三国で出会って交流しているので、恐らくお互いにあまり先入観がない。また察するに、相手が半端ないエリート層だからだとは思うが、とても紳士的で、人物的にもとても優れているように思う。

確かに、国家としては色々な問題を抱えているし、日本との関係も良くないが、個人として接する分に関しては、大きな問題を感じない。

 

で、本題に戻って国境沿いの町に関してであるが、国境を超えない限りは、中国のいち地方都市である。治安はそれほど良くもないが、それほど悪くもない。ごくごく普通の街である。

そんなところにひとりで行って、確かに安全ではないと言われれば安全ではないが、海外にいる限り、どこの国であっても、どんな場所であっても、日本より安全なところなどない。私にとってみれば、日本以外はどこも同じである。

私は国交がない国や渡航制限が発令されている国や地域に、わざわざ危険を犯してまで行こうとは思わないし、そこまでするほど無謀にもなれない。

中国側から、至近距離からではあるが北朝鮮を眺めるのに、どれほど危険があるというのであろう。

日本にいる限りにおいて、確かに危険はない。しかし即ち海外=怖い、危険と考えてしまうのって、やはり日本的な思想なのかなぁと思ってしまう。

私は小さい頃に海外に出た経験があるので、一生日本に留まるという考えも薄い。今までの人生も、海外を行ったり来たりしてきたし、海外に対する心の垣根も低い。

やっぱり、考え方など、日本と少し乖離してきたのだろうか。誰よりも日本人らしい思想を持っているとは思うけど。

 

とはいえまあ、何のリスクも犯したくない、日本と同じ水準の生活しか許容できない、日本と比べて不自由なのが嫌だというのなら、最初から海外になんて出てないよな、と思う。

なるほど、海外生まれの家族は日本に来て以来、一度も海外に出ていない。出る気も毛頭ない。私とは大違いだ。

同じ家族であってもそんなものなのだな。おもしろいものだ。