みみずくDiary in China (だった)

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記 (だった)

羽生さん&羽生さん!

もう何だか訳のわからないことになっているけれど、将棋の羽生(はぶ)竜王が藤井五段(現・六段)に破れて、フィギュア男子の羽生(はにゅう)選手が平昌冬季五輪を制した!!

www.hochi.co.jp

www.nikkansports.com

 

羽生竜王残念だった…。でも藤井六段が凄すぎる!年齢に似合わぬ落着き振りとご本人の人柄の謙虚さも相まって、存在が異次元過ぎる。(*'ω'*)

そして、羽生選手の持って生まれたスター性、もう誰も及ばないよね!小顔、均整の取れた身体に長い手足、そして柔軟な肢体、類稀な表現力…。んでもって、今回の冬期五輪で得た金メダルが、千個目の金メダルだったとか、もうどんだけ「漫画設定」を地で行くお人なの…。っつうか、漫画の主人公でもこれだけ揃っている人はなかなかいない!!(*‘∀‘)

 

ちなみに、中国でもフィギュアスケートは人気がある。フィギュアファンの中では勿論、羽生選手も大人気!!

何せ、中国語で羽生(yu sheng)と打つと、结弦(jie xian)ってサジェスチョンが出るくらいだし。Σ(・ω・ノ)ノ!

 

羽生選手が人気なのは、アニメから抜け出してきたようなルックスとスタイルで、難易度の高い華麗なジャンプをバンバン決めちゃう技術力・表現力の高さと、「陰陽師」のプログラムだと思う。

狂言師の野村萬斎さん主演で映画化された『陰陽師』(滝田洋二郎監督、2001年公開)は、当時中国でもそりゃあもう大ヒットした。

野村萬斎さんに恋した中国女性も少なくなく、本業の狂言師の舞台を見て、「こんな変なの、萬斎さまじゃない!!」とぶちキレられたこと、私の記憶に今も深く残っている。

ーー狂言って日本の立派な伝統芸能じゃ!!“こんな変なの”ってなんじゃい!!失礼な!!日本の伝統芸能を理解できない、自分の教養の残念さを恨め!!"(-""-)"

 

中国人も大好きな「陰陽師」の曲目で演技する、日本のアニメから抜け出してきたようなスタイルとルックスの羽生選手…。

こりゃあもう、人気が出ない方が変でしょう。(*^▽^*)

 

という訳で、羽生選手の活躍は、こちらでも高く評価されている。

以上、ホットなニュースのプチ情報。