みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

The Village

やらなければならないことは山積みなのに、最近映画に逃げている。

そこで、何作か見て色々な意味で衝撃を受けた、M. ナイト・シャマラン監督作の「The Village」を見た。

ヴィレッジ [DVD]

ヴィレッジ [DVD]

 

 

夭折の美俳優リバー・フェニックスの実弟、ホアキン・フェニックス出演作である。

(余談だがホアキンって、シャマラン監督のお気に入りらしく、私が見たシャマラン作品にはほとんど出演している。)

 

映画のストーリーはググっていただくとして、見ていてアーミッシュの人々を思い起こした。

 

最近、色々なことで追い詰められていて、とても苦しい。

でも、アーミッシュの人って凄く幸せに見える。

文明なんて放棄して、私もアーミッシュになりたい!!

 

とかトチ狂っちゃって、アーミッシュのコミュニティについて調べてみる。

スマホ…捨てれるな。テレビ…もあんまり見なくていいし。

車はダメで馬車か…これもイケるな。

讃美歌以外歌聞いちゃダメ…も、ギリ行けるかな。

…読書がダメ??何で?!

…化粧禁止?!スッピンが化け物なんだけど!!!Σ(゚Д゚)

…ひゃっ!高等教育(大学教育)を受けちゃダメ?!もう受けちゃってるんだけど!!

 

そんな中、もっとも私が無理だと気付いたのは、

「電気使っちゃダメってことは、洗濯も手洗い?!面倒臭すぎ!!」(;´Д`)

ってこと。

 

洗濯が大好きな私だけど、それはマシーンウォッシュだからこそ。

PC使えないことより、洗濯機使えないことの方が、地味にキツい…。

だって、シーツとか手洗いして絞って…って、これめっちゃ重労働じゃん!

 

よくよく考えてみると、文明を放棄するって、特に篤い信仰心がないと現代人にはできないことだわ。

ギリなれるとしても、私はメノナイトだな。いや、それも厳しいか…。

 

やはり現状を受け入れるしかないようだ。

 

ところで、表題の映画だけど…。

いやぁ、(良くも悪くも)やっぱりシャマラン作品だな!

との期待だけは裏切らなかったと思う。

もう一度見るかと聞かれれば、大丈夫!十分だ!と言っちゃって差支えない。