みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

真夜中に貼り紙 その後2

寮監さん(その1)に事の次第を告げた後、やはり事態の改善が特にないので、先ほど、寮監さん(その2)にも同じく事の次第を告げてきた。

寮監さん(1)は、人柄は悪くはないが、如何せん“事なかれ主義”なので何もしてくれなかった模様。

しかも、寮監さん(1)曰く、「あの後、ドアをノックしに行ったけど、明かりも点いていなかったし、誰も出なかった」

らしいが、これが嘘でなかったら、多分居留守使ってるね…。

だって、寮監さん(1)がノックしに行ったって時刻の直後にも、騒音ひどかったもん。

わざわざ居留守まで使うとは…!

ますます、上の階の住人の正体が怪しくなってきた。

 

そこで、本来なら寮長さんに言いに行こうと思って部屋を出たのだが、巡回中の寮監さん(2)にちょうど出くわしたので、取りあえずはこの人に報告したという訳。

「登記上は女性なのに、実際に住んでいるのは男性。じゃあ、この男性は一体誰なの?!怖い!!

って、ちょっと大げさに怖がって言ってみた。( *´艸`)

 

実は、以前頼まれ事を引き受けて以来、寮長さんからかなり目を掛けてもらっている私。

しばらくは事の顛末を観察して、やはり事態が収拾しないようならば、寮長さんに直接、大げさにマヤってみる*1つもり。

 

さて、どう収拾しますやら。

*1:マヤる…美内すずえ作の名作漫画『ガラスの仮面』の主人公、北島マヤ張りの演技力で物事を人々に訴えること。