読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

(現在進行形)死がちらついた腰痛、その後

前回ポストした腰痛、未だ現在進行形である。

oyasumimizuku.hatenablog.com

「病院に行けばいいじゃない」とお思いの方もいらっしゃるとは思うのだが、現在のところその予定はない。

というのも、昔から病院にほとんど行かず育ったため、身体に不調があっても病院に行く習慣がないこと、そしてこちらの医療環境不信のためである。

誤解のないように強調しておきたいが、日本にいた時に医師から聞いた話によると、中国の医療水準は相対的にそれほど悪くはないそうだ。

ただ、こちらに実際に住んでみての実感としては、病院の衛生環境や医師の水準など、ピンキリ過ぎてどこがいいのかわからない。

また、日本のように医療皆保険制度があるわけではないので、病院によって治療費が様々であり、やはりどこがいいのかわからない。

ちなみに、一部のお金持ち中国人と外国人専門のVIP病院には最新の医療機器が備えられ、海外の一流医大を卒業した医師より、日本以上に優れた医療を受けられるそうだ。

ただ、料金もそれに見合った高額である。

私の様な貧乏留学生でも行けるような、庶民的な病院ではそれなりの医療しか受けられないが、料金もそれなりである。

 

とはいえ以前、付き添いでVIP病院に行ったことがあるのだが、高額な料金を請求される割には、待合室にこれまでの人生で見たこともないほどどデカい 銀バエ がブンブン飛び交っていたんだよね…。(゚Д゚;)

しかも、目の前を「bio hazard」と書かれたゴミ袋を持った清掃員がウロウロするし…。Σ(・ω・ノ)ノ!

外見だけは一流ホテルのように豪華でキレイなVIP病院でこのレベルか…と驚愕し、それ以降、中国で病院に行くのは避けようと心に固く誓った出来事であった。

 

という訳で、腰痛、未だ治まらず。

一番辛かった土曜日に比べれば大分歩けるようになったが、お年寄りの様な前傾姿勢でヨチヨチ歩きである。

ロキソニン飲んで、帰国者の置き土産のモーラステープを貼って凌いでいるけど、ほぼ寝たきりであります…。(ノД`)・゜・。