読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

何だかなぁ、と思った話。

徒然思考 日々の雑記 #毒

大抵は留学生活に関係のない話を徒然に綴っているこのブログ。

今日は、いつにも増して留学にひとかけらも関係のない話を綴ってみる。

ただの、疑問というか憂さ晴らし、鬱憤晴らし。

よって、以下全文閲覧注意。

 

 

 

日本にいる友人と話していてちょっと驚いたことがあるのだが、十年以上男女の関係にある異性が結婚という道に進まないのは、どういう理由があるのだろう。

私にはこれが本当にわからない。

 

私の友人は、交際異性ともう十年以上男女の関係にあるそうだが、彼らはお互いに相手のことを「彼氏」「彼女」という交際関係ではない、という。

便宜的に「彼氏」「彼女」という呼称は使うものの、日本では“恋人たちのイベント”とされている昨年末や今月あった例の日に「今年も寂しく過ごしちゃったわ…」とLINEを送ると、「同じく~!」と友人から返事が来て、私はますます混乱してしまうのだ。

最も解せないのが、友人のお相手は全国転勤の可能性のある職業なのだが、それにいつでも着いて行けるよう、友人は非正規労働者のままでいることだ。

 

お相手の職業は、危険も付きまとう。

だから、何か大事が起こってお相手を送りだす際には、私の友人も緊張するし、一定の覚悟もするそうだ。

…でも、十年以上一緒にいるのに籍も入っていないんだから、もしお相手に何かあって入院するようなことがあっても、私の友人は書類上も全くの“他人”なので、病室にすら入れてもらえない可能性がある。

 

私がモヤモヤする必要は皆無なんだけど、これって、ただの都合の良い存在なんじゃないの???

 

  • 十年以上一緒にいて、肉体関係がある
  • たまに部屋に来て、一緒に過ごす
  • ドライブなどは友人がドライバーを務める

 

でも、お互いに「彼氏」でもなければ「彼女」でもない。

 

もし私がそのお相手だったら、自分の職業が場合によっては生命の危険が伴うならば尚更、お付き合いをしている異性との関係はきちんとしたい。

愛情を、権利保障というかたちで相手に示したい。

だから、自分に万一があった時のため、法的保障を相手に受けてもらえるようにしたい。

それができない、したくないっていう理由が私にはわからないのだ。

 

愛情に法的保障を与えることもせず、十年以上も肉体関係だけあるって、どうなんだろう…。

お相手にも友人にもとても失礼だけれども、(私を含め)お互いにもうとっくにいい歳なんだから、今から新たに相手を探して、若い相手とどうこうできるものでもないと思う。

なのになぜ、お相手は私の友人を飼い殺しにできるのだろう。

愛情に結婚という法的保障を与えてあげられないのであれば、早く友人を解放してあげてほしい。

友人に愛情の法的保障を与えてくれる人が、このお相手以外にもきっといるはずなのだ。

可能性は低くとも、ゼロではない。

 

「結婚というかたちにはこだわらない」という人たちも増えた昨今ではあるが、それはあくまでも、両者が経済的自立を確立している場合に限ると思う。

私の友人の場合、本人は非正規労働者である。

しかも、相手からの結婚の申し出を期待して、何年も正規労働者になることを自ら拒んでいるのだ。

これで、友人の経済的自立が確保されていると言えるのだろうか。

 

「結婚というかたちにこだわらず、これからも肉体関係だけ維持しつつ、歳を取る」って、私には納得の行かないことだ。

「相手は誰でもいいからひとりにはなりたくない」ということでもあるのかもしれないが、私はお互いに不誠実だと思う。

 

私個人としては、対象が誰であれ、“愛情”には常に真摯に向き合うべきだと思っている。

友人たちの関係は、私には愛情と真摯に向き合っていないように感じるのだが、これって今の日本ではありふれたことなのだろうか。

そうだとすれば、私のモヤモヤも的外れな、ただの思い込みなのかもしれない。

 

って言うか第一、愛情を向ける相手も向けられる対象もないくせに、BBAが偉そうに語んなよ、って話なのは十分承知しているんだけどね。(;´∀`)