みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

口癖を考える

顔見知りに、

「面倒臭いんでぇ~~~」

が口癖の人がいる。

多分、ご本人は無自覚だと思うし、恐らく“何にでもガッツかない、アンニュイな自分カッケ―”的に言っているんだと思うけど、

「面倒臭いんでぇ~~」

と言われるたびに、

そうか…。アラサーになってまで

  • 外見に全く気を使わず、
  • 髪はいつもボサボサで、
  • 服装はどこに行くのも常にヨレヨレで、
  • 自分のことなのに食生活に一切気を遣わず、
  • 肌はひくくらい荒れまくっていて、
  • ダルダルの体系

なのは、全てが面倒臭いからなんだな~、なるほどなぁ、口癖はその人を体現しているんだなぁ、と見るたびに妙に納得してしまう。

 

 

人は鏡なので、私も気を付けないとと思っていて、自分の口癖に気付いた。

それは、

「イヤ」

とすぐに言ってしまうこと。というか、言いまくっていること。

 

物事が上手く運ばなかったり、腹が立つとすぐに

  • 「あ~~!!もうイヤ~~~!!!」
  • 「ああ、嫌だ嫌だ」
  • 「え?!ヤダよ」
  • 「嫌に決まってるじゃん」
  • 「絶対に嫌」
  • 「メッチャ嫌」
  • 「死ぬほど嫌」

etc... etc...

気付けば際限なく「いや」しか言ってない…、とようやく自覚した。Σ(゚Д゚)

 

口癖って、無自覚に自分に影響を与えているらしいとはよく聞く。

人間って意外と適当(?)なものらしくて、実際にはそうではないのに、例えば「野菜が嫌い」と言い続けると本当に野菜嫌いになるらしい。

また、つまんなかったり悲しかったりしていても、意識して口角を上げていると、不思議と気分も上向くんだそうだ。

 

こんなに適当な人間の意識・脳からすると、口癖で「いやだ」と言いまくっている現在の私は、本当はそうではなくても、色んなことやモノ、人や場所なんかが「嫌」になっている可能性大だ。

…そんな自分は「嫌」だなぁ、と思う。(´・ω・`)

 

私はもっと、私を好きになりたいし、私をもっと楽にしたい。

だったら、「いや」と言ってしまいたい場面で、何か他のことを言えば少しは改善されるのではないか。

 

ヨシ、これからワタクシ、「いや」と言いそうになったら、

「ヨッシャ、Come on!!」

と言ってみますわ、試しにw( *´艸`)

 

これで何かが少しでも良い方向に動くのならば、儲けもの、ってもんよ。(`・ω・´)b