みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

気になるニュース (番外編)

jbpress.ismedia.jp

レセプション会場には、スパイ艦事件の張本人である中国海軍に対する“ぎこちない雰囲気”が漂っていた。その会場に中国海軍の屋台は見当たらなかった。さすがの中国海軍といえども気まずかったのかと思いきや、大勢の人民解放軍海軍将兵が会場に押しかけてきて、各国海軍の料理を食い散らかして引き上げていった。これには百戦錬磨のアメリカ海軍将校たちも絶句していた。

(註:太字及び下線はみみずくによる。)

さすが、「偉大な中国人」。

チャイナマネーを握りしめて世界中で様々なモノを買い漁るばかりでなく、その地で傍若無人で無教養な言動で顰蹙を買っているのは、一般庶民だけではなかったのだ。

厳しい戒律下にあるはずの軍人でさえもこの有り様。

中国人が命より大事にする“面子”って、一体何なんだろうね。

日本人と中国人の“面子”はその内容を異にするけれども、日本人の私が見れば、こういう振る舞いこそが“面子”丸つぶれの、超恥ずかしい言動だが。

「偉大な中国人」にしてみれば、これでも“面子”が保たれてるんだろうか。

まあ、どちらにせよ、悪いがあまりにも“らしく”て、大笑いしてしまったわ。(´艸`*)

 

しかし最も重要な問題はまさに、

次期アメリカ大統領はいざ知らず、多くのアメリカ海軍関係者たちが異を唱えた「中国海軍の参加」すら拒絶できないのがアメリカの対中姿勢の現状なのだ。

 これに他ならない。

日本では「中国脅威論」を否定しているジャーナリズムが存在すると聞いているけど、私は絶対に否定できないと思っている。

むしろ、最も警戒しなければならない相手に他ならない、そう実感している。