読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

中国滞在者への自炊のススメ ―理由編

気になるニュース 留学生活あれこれ 普段着のChinaあれこれ 日記 日々の雑記

中国への長期滞在のご予定がある方で、性別問わず強力にプッシュしたいのが、「自炊のススメ」である。

日本のジェンダーバイアスを鑑みて特にプッシュしたいのは、男性の方に、だ。

日本って世界的に見ても異常な世の中で、男性は年齢問わず「女性に世話してもらう存在」と自他ともに思い込んでいる人が多いので、自炊に抵抗がある人が割合多いと思う。

でも、中国って日本の常識が通じない世界で、「食の安全」なんて皆無だよ?

www.recordchina.co.jp

 

上記の記事をご覧になって、「いや、特別な例でしょ?」とのん気にお考えの方もいらっしゃると思うが、正反対である。

良く耳にしすぎて、逆に珍しくないのだ。

 

実際に、私もこちらに来て1年目に同じ目に遭ったことがある。

キャンパスの近くにある3~4回も行った火鍋の店が、ある日突然閉店した。

同学曰く、

「リピーター客確保のため、店主が料理にア〇ン入れていたんだって」

だそうだ。(゚Д゚;)

 

腰を抜かして詳しく聞くと、

よくあるよ!〇〇もそうだったし、△△もそうだったよ。あと…」

と、出てくる出てくる、色んなお店!

不幸中の幸いは、私が行ったことのあるお店は火鍋の店一店舗のみだったことだが、自分も知らないうちに口にしていたのだ、と思うと、本当にショックであった。

ほぼ完全な自炊に切り替える契機になった、実に印象的な出来事であった。*1

 

ちなみに私の知る限り、いくら勧めても絶対に自炊をしないのは日本人男性くらいで、こちらに来ると母国では料理の「り」の字も知らなかったような男性でも、自炊を始める。

一番驚いたのは、約一年サバティカル滞在されていた、某P国出身の大学教授の方が同じ寮にいらした時のこと。

中国語を理解されない方だったので、いつも英語でお喋りしていたのだが、共用キッチンで会う度に、

「料理が大変だ」「洗濯が大変だ」

などとおっしゃりながらも、慣れない手つきで、でも楽しそうに料理や洗濯をしていらした。

毎度おっしゃるので、ある時「母国では男性は料理されないのですか?」と聞いたことがある。

するとその教授は、さも何でもないように、

 

「小さい頃から家にはシェフがいてね、料理はシェフの仕事。身の周りのことは使用人の仕事。結婚後もそうだから、生まれて初めて自分で生活をしているんだ」

 

とおっしゃっていた。

「え?!シェフ…?!使用人…?!」(゚Д゚;)

と戸惑う私に、

「私の国では、普通のことだよ」

とこともなげにおっしゃっていたけれども、私の知る限り、某P国は一般的には裕福な国ではなく、というよりも貧しい印象が強い。

でもこの方はどう見ても身なりや所作が上品だし、現職がインテリ職だし、どう考えてもステイタスの高い家庭の出身の方だよねぇ…!!

 

あと、実家の広大なお庭には噴水まであった、見るからにリッチなタイ人同学も、「家ではお手伝いさんが作ってくれていた」といいつつ、中国に来て初めてのひとり暮らしで、自炊を始めたと言っていた。

 

OMG!!Σ(・ω・ノ)ノ!

 

日本人男性の皆さん、小さい頃から家にはシェフ兼使用人(母親)がいて楽をして、結婚後もシェフ兼使用人(妻)がいて、やっぱり楽をしてる方が多いんでしょうけれども、それって相当、変だよ

 

母国でステイタスをお持ちの方でも、必要となったら上記のように自分で何でもなさるんだよ。

日本なんて、一部のやんごとなき方々を除いてみんなド庶民なんだから、自分で何にもできないのは恥ずかしいことだよ。

中国滞在がお決まりになったら、これを機にぜひ、自分のことくらいは自分で出来るようになりましょうよ。

 

ちなみに私の知る某留学生は、何度勧めても決して自炊をしようとしなかった。

結果、毎日コンビニ弁当か外食で、日に日に顔が土気色になっていき、肌には全くツヤがなく、見た目からしてどこか内臓が悪いんじゃないかという風貌になり、実は密かに心配している。*2

 

繰り返し強調しておくが、食の安全はここにはない。

食品衛生や添加物なども、仮に基準はあっても遵守されていないので、何が入っているのか、わかったものじゃない

ババ抜きのような、どこにハズレが潜んでいるのかわからない外食という博打に出るより、

  • 自分の目で選び、よく洗った食材で、
  • 日本の調味料を手に入れて、
  • 自分できちんと衛生管理をしている調理器具と食器を使って

自炊した方が、ずっと安全である。

(残留農薬が不安なら、日本製の野菜洗い洗剤を使えばよい。私も持っている。)

 

今は若さで何とか抑えが効いていても、歳を重ねると突然、急にガタっとそのツケが回ってくるだろう。

でも、身体を壊してからでは遅いのだ。

健康なんて、一度失ってしまうと、そう簡単には取り戻せないよ。

 

海外にいるだけで、日本とは全く異なった文化及び環境下にいて、かかるストレスの種類も圧も違う。

日に日に寿命を縮めているようなものなのだ。

自分の健康管理は、他の誰か女性に頼る仕事ではなく、自分の仕事である。

 

それから、自炊を勧める一番の理由。

それは、私の中国人の友人たちが、口をそろえて、

「外食?危険すぎてしないよ!怖いもん」

と言っているから。

それが大きいかも。(;´∀`)

 

ここ中国で、中国人さえしないことは、外国人は決してしてはならない

これ、中国サヴァイヴの基本であります。(^ω^)

*1:とはいえ、忙しい時や体調不良の時、どうしても気分が乗らない時などは、デリバリサービスを利用することもまれにある。

*2:でも、何度勧めても「自炊をしない」という選択をしたのはその人自身なので、万一健康に害があっても、その人の自己責任である。