読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

人民元を日本円に換える際の諸注意

普段着のChinaあれこれ 留学生活あれこれ 留学生へのおすすめ 日々の雑記 日記

ここをご覧いただいている、数少ない貴重な皆さまに当てはまるかはわからないのだが、そういえば在中日本人の方に役立つかもしれない情報を手に入れたので、シェア。

 

春節前の話になってしまうのだが、学会発表で日本に行く留学生に付き添って銀行に行き得た情報によると、

  • 2016年1月1日より、人民元の外貨換金に制限が設けられた

とのことなので、人民元を日本円及びその他の外貨に換金する予定のある方は、要注意である。

 

具体的には、

  • 現在保有している人民元の支給元の証明書

が必要になるとのこと。

 

例えば、会社員の方で中国の事業所から人民元でお給料をいただいている方の場合は、会社で証明書を発行してもらえると思うので、問題ないと思う。

しかし、留学生で、奨学金を日本円及びその他外貨に交換したい方は恐らく少々面倒になると思う。

 

というのは、大学側に例えば

  • 該当学生の保有している人民元は奨学金であり、中国政府(またはその他の省政府や市政府、財団など)が支給元であり、外貨に交換することを許可する

などといった旨を証明してもらわねばならないからだ。

 

全く知らなかったので、私が付き添った留学生は、一度留学生オフィスに行ってその証明書をもらってからもう一度換金に来ることになり、すごすごと銀行を後にした。

でも、留学生オフィスが面倒臭がったり、奨学金を外貨に換えるのを了承しない場合が(大いに)あり得るので、人民元をそのまま日本に持って行き、日本で日本円に両替するなどの対策が必要となってくると思う。

 

とはいえ、日本でも「銀聯カード」(Union Pay)が使えるところが驚くほど増えたので、そう心配はいらないと思う。

次回、一時帰国雑記にて、日本での銀聯カード使用体験記をまとめてみたい。*1

*1:予定はいつでも未定である。