読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

2015紅白歌合戦まとめ

紅白歌合戦まとめ

明けましておめでとうございます

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

 

今年もまたやります。紅白歌合戦まとめ。

ざっくり行きます。

 

オープニングと前半戦

オープニング、徹子さんにちょっと驚く。やっぱりお年をお召しになったなぁ…。私の記憶の中の徹子さんとはちょっと違っていたかも。

去年の徹子さんは良かったんだけどなぁ…。

oyasumimizuku.hatenablog.com

 

オープニングバッターの郷ひろみさん、やっぱり凄いわ。華やかさとパワーはやっぱり凄い。

Jポップの若手歌手は正直あんまりわからないんだけど、演歌の方々はやっぱり抜群の安定感で、ステージも華やかで見ごたえがあった。年とったんだねぇ、私も。

 

E-girls、可愛いなぁと素直に思った。

日本の女の子、マジで本気で本当に可愛い!!

こっちでガニ股でところ構わず痰を吐きまくる、服装もダサいC-girlsを見慣れているせいか、9割増しで可愛く見えたわ。実際に可愛いんだけどさ。

日本人スタイルも良くなったよなぁ。ダンスもキレッキレだったし。

マイケル・ジャクソンオマージュだったのか、ところどころ「おっ!」というポーズがあって面白かった。

歌もキャッチーだな~。

「♪パーッパッパッパラ デェンス(Dance)♪」

ってしかBBAの耳には聞こえなかったけど

みんなでドヤ顔で集団ムーンウォークも、昭和生まれのBBAにはシュールすぎて、悪いけど笑ってしまった。でも健康的で、可愛くて良かったわ。何度も見てしまった。

 

アニソンパート、正直いらないかもと思ってしまった。

私がアニメに馴染みがあんまりないからかも知れないけれど。

あと、紅白でメドレーって何だかなぁ…。1曲をきちんと歌い上げてもらった方が聞きやすいかも。

まあ、多くの曲が聞けるのは良いのかもしれないけど。

星野源さんって、私が日本にいるころは失礼ながら“一部の人だけが知っている”って感じの方だったと思うのだけど、いつの間にやら紅白歌手になるほどメジャーになられたんだ…!感慨深いものがあった。

 

前半で印象に残ったのは、ダントツで島津亜矢さんの「帰らんちゃよか」!!

これも、故郷を離れて暮らす人の胸に届いた曲なんじゃないかと思う。

かなりグッときて、聞きながら涙が出てしまった。歌詞の内容は何となくしかわかんなかったけど。

でも、世間一般の親御さんってこんなに温かい心で子に接するんだ、って衝撃だった。「親心」って素晴らしいものなんですね。私には与り知らぬことだから、新鮮ですらあった。

 

ゲスの極み乙女、結構、っつうかかなり好きですわ。

Vo.の方の声質が魅力的。ちょっと機械的っていうか、独特の雰囲気があっていい。ファルセットとの使い分けも好感持った。ただ、緊張からか高音の安定感はイマイチだったけど。音楽的なことはわかんないけど、面白い楽曲だと思った。

氷川きよしさんも印象に残ったな~。

数百人の五郎丸選手意識のラガーマンと、っていうのがシュールすぎて。数百人があのルーティンポーズで左右に揺れながら氷川さんを取り囲んでいたんだけど、あれって大丈夫だったの?!何らかをカミングアウトしかかってなi…?!

…いや、気のせいでしょう。

 

前半戦個人的なハイライトは、天童よしみさん!

やっぱりうまいよなぁ、この方。

ディズニーパートも正直あんまりいらないかも。

 

後半戦ハイライト

ジャニーズ多すぎない?

TOKIOは元気出るからいいけど、それにしても前半と併せて多すぎる。

 

椎名林檎さん、曲良かったなぁ~!紅白で歌った勇気もすごいと思った。

あんなムーディーで艶っぽい曲とパフォーマンスを大晦日のお茶の間に発信したのはさすがだわ。

お茶の間のお年寄りたちは、さぞかし度肝を抜かれたことだろう。

全盛期の楽曲思い出して懐かしくなった。まだまだ才能が枯れていないところが凄いわ。

 

SW、新作公開で盛り上がってるものの、映画はあまりヒットしていないとか聞いたけど、NHKでSWコラボは正直いらないと思う。大部分の世代は、私を含めSWに何の思い入れもないと思うし。

しかもわざわざ嵐とコラボさせているところが、何らかの意図を感じちゃったなぁ~。正直、ガッカリだった。

っつうか、どうして櫻井くんだけ魚河岸みたいな黒長靴(w)だったん?

 

AKB48も無難に可愛かったわ。でも歌うのはかなり前の曲なんだね。

卒業したあっちゃん、やっぱりAKBにいると輝いてるな!

適材適所で、その場所にいるからこそ輝ける、ってあるんだと思ったわ。

でも、紅白を私物化しているっていうか…。メンバーの卒業記念イベントみたいなの、多くの視聴者は全く興味ないと思うよ、悪いけど。

 

EXILE、本当は何て発音するのかいまだにわからない。

グザイル」だと思ってたんだけど、紅白のリハーサルでそう発音した司会の綾瀬はるかさんが叩かれていたから、多分違うんだよね。

まあ、どうでもいいや。

Rising Sunも、いまだに「雷神さん」としか聞こえない、昭和生まれのBBAだし。

あ、「来(らい)ず、来ず、雷神さん」の時、横向いて手をパタパタする振りだけはできそうだから、そこだけ賑やかしで参加させてもらえないかな~、と見るたび思うわ。

バックで踊っていたE-girlsが可愛かった。

 

Superfly、歌うまいな~。

昔は、背が高い(身体が大きい)方が肺が大きい分声が響くから有利、と言われていたけど、そうでもないよな、とこの方とMISIAさん見ていて思うわ。

「♪私に幸あれ♪」のパート後に続く、一連の振りが良かったわ。完成してたな。

ゴールデンボンバーは、このまま「女々しくて」をずっと歌って行って欲しいわ。もういいじゃん、紅白の形式美の出し物でさ。

「紅白で「女々しくて」聞いてアトラクション見ないと、年が明けないわぁ~」ってくらいになって欲しいわ。

 

BUMP OF CHICKENって「紅白に出ないことでステイタスを維持しているアーティスト」って勝手に思っていたけど、違ったのね。

ステージは良かった。

 

小林幸子さん、“ラスボス”とかで期待が高かったみたいだけど、私は特に何の感想もなし。へ~、何年かぶりなのね~、ってだけ。サーセンw

 

X JAPANも、ファンの方は嬉しかっただろうな~。私は特に思い入れがないのでそれだけ。

しかしVo.の方は凄いな~。喉が消耗してない感じだった。高音も大体は安定していてビックリ。さすがだわ。でもまあ、全英詞はやっぱり難しいんだな~、何言ってるかわからんとは思った。

ファンの方、すみません。

 

MISIAさんも良かったわ。

しかし何だろうね、多分この方のボイストレーナーは黒人さんだと思うわ。

黒人さんボイストレーナーに指導受けた方って、大体似たような発声と発音になっちゃうよね。日本語の発音がこもってしまう、みたいな。

なぜなんだろう。まあ、この方のボイストレーナーが黒人さんかどうかは知らないけど。

 

美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」は、去年も思ったけど、もう完璧に完成された圧巻の形式美のパフォーマンスだわ。

正直、歌詞の世界観は想像するしかない。たった数十年前の日本の姿だ、というのは理解しているけど、個人的には「母ちゃん」の温かさとかを知らないし、「母ちゃん」に抱く特別な心情なんかもわからないから、想像をたくましくして、これは日本人の琴線に触れる歌詞なんだろう、と理解している。

このまま生涯現役で紅白で歌っていただきたいわ。

 

レベッカも、個人的な思い入れがないので、特に感想なし。

 

森進一さんの「おふくろさん」、日本って母親への恋慕を歌った曲が多いのねぇ。

私にはよくわからないけど。

今回をもって紅白を勇退するベテランの森さんが最後に「かあさ~~ん!!」って絶叫しちゃうほど、「母親」って特別な存在なんだろうな、と推測するのみ。

 

高橋真梨子さんには魅了されたわ。

この方、歌唱力が本当に安定していらっしゃるんですね!曲もすごく良かった!

長年第一線で活躍していらっしゃる、人気歌手たる所以が痛いほどわかるステージだった。聞いていて本当に心地良かった。こういう方々を見たいわ、紅白では。

 

その他、特に感想はなし。

 

今回の紅白、視聴率も振るわなかったみたいだけど、演出見てるとさもありなんな感じがしている。

要らんコラボや興ざめ気味の茶番が多すぎるよ。司会の徹子さんにも何かハラハラしちゃったし。

 

で、個人的には目玉もなく、どっちが勝っても負けても、どうでもいいかな、って感じで終了。