読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

求む、技能!!

前回の記事をアップしてから、え?!あれ?!マジで?!ってくらいにつながるようになったんだけど、はてなブログに。

何なんでしょうね、この現象。

ダメだと思った途端、突然良くなる。

人生においてもこうあって欲しいものです。

 

つながるようになった割には、クリスマス期間さも何か予定あり気にここでは何のアクションも起こさなかったんだけど、ぶっちゃけ、

な~~~んにもなかった!

清々しいほど、一点の曇りもなく、

なぁ~~~~~んにもなかった!!('Д')

 

みんなで集まってクリスマスケーキ囲んでキャッキャウフフとクリパとか、キャンドルライトの揺らめきの中しっとりとラグジュアリーにホテルディナーとか、一切皆無。('Д')

 

じゃあ、何してたかって?

山姥さながらのボサボサ頭で、シャワーに行く時間さえ惜しんでPCに向かってひたすら文字を打っていましたよ。('Д')

 

んで今日、ようやくひと段落(ついてないけど無理やりついたことに)して、懸案だった部屋の掃除を敢行。

ここ最近のおサボりが祟って部屋がホコリまみれで、5回モップ掛けしたけどまだホコリが出る。( ゚Д゚)

床がすり減りそうなほどモップ掛けしてこれかって、ちょっとへこんだね~。

そして、部屋中のファブリック類を次から次にエイヤと剥ぎ取り、ひたすら洗濯。

 

次に、年に一度と決めている、本当は2年交換不要のはずの空気清浄機のフィルターを、交換ついでに本体を徹底的に掃除。

数か月に一度は空気清浄機本体の内部を拭き掃除しているが、開けるたびに真っ黒なススがビッシリついていて、毎回ビビる。

空気清浄機を付けていなかったら、このススがダイレクトに全部肺の中に入ってくるってことだよなぁ…。

フィルターでろ過している分、幾分マシなのだ、などと思う。

 

仕上がった洗濯物をまたしこたま干し、一応の目的は遂げたが、ここで本題。

実は1ヶ月ほど前にPCモニタ用保護フィルムを買った。

本当かどうかはわからないが、ブルーライトカットと謳ってあり、かつノングレア加工がしてあるので、室内ライトの映り込み防止にいいなと購入したのだ。

お値段なんと、日本円で約500円!(←あの有名な某タ〇タ社長口調で)

 

しかし懸案があって、実は私は、あらゆるものの保護フィルムが上手く貼れた試しがない。('Д')

この貼り方の酷さは甚だしく、嘘偽りなく、今までまともに貼れたことが一度たりともない。

oyasumimizuku.hatenablog.com

 

貼りたいフィルムの大小に関わらず、おしなべて貼れない。

小さいものは、昔のガラケーのあの小さなディスプレイのフィルムから、大きなものは18インチのPCモニタまで、ひとつたりともまともに貼れたことが無いのだ。

最近でも、先月購入した電子書籍リーダーや新調したスマホなどに保護フィルムを貼ったが、もちろん、上手く貼れなかったよ。('Д')

どんなに用心して位置を確かめても、必ずズレて貼り直す羽目になり、必ずホコリを咬んでしまう。

気泡は入りまくるし、もう、この下手くそさ加減には、誰か表彰してくれるんじゃないか、という有り様である。

…何かの呪いかな?(ΦωΦ)

 

で、ずっと放置していたのだが、今日やっと貼って、もちろん失敗した。('Д')

気泡入りまくりでモニタが見づらい。

しかもやはりズレて、貼り直したが修正できずに右上端が浮いてしまっている。

 

名誉のために言っておくが、私は決して不器用という訳ではなく、手先は器用な方である。

裁縫も刺繍も得意で、見た方にはいつもお褒めいただくし、大工仕事も好きだ。

不器用で大雑把、という訳では決してない。

なのになぜ、どうしてフィルムが貼れないのだ。

 

サンタさんにお願いすればよかったもの。

それは、

「フィルムを美しく貼れる技能」

これだったのに…と涙する師走の夜。(´;ω;`)

 

今回はそんなお話。