みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

男性名と女性名

日本では、所謂“キラキラネーム”が浸透する一昔前まで、名前を見れば大体性別がわかり、とても便利であった。

こちら中国では、日本のように明確な男性名・女性名がないので、名前を見ても性別を判断することはとても難しい。

例えば、日本では女性に「〇男」(例:正男など)と付けることはほとんど見られないと思うが、こちらではまれに見られる。

しかも、こちらでは外国人の名前を発音(ピンイン)のみで把握していて、しかも「確認を取る」という、日本では至極当たり前のことを絶対にしないので、外国人は平気で間違った名前を掲載されてしまう。

(そして当然のように、謝罪も何もない。)

私の場合もそうで、中国語の発音(ピンイン)では同じであるが、日本語読みにすると全然違う漢字で名前を把握されていて、同じ研究室の修士生にも、その人が卒業するまで違う漢字で認識されていた。

よくあることではあるが、今回もある名簿でやはり間違えた漢字で名前が掲載されていた。

…マジでさ、どうして確認しないんだろうね?

まあ、いいんだけどさ、今回もやっぱり男性名で把握されていましたよ。

男性になったような気がするのは別にどうとも思わないけど、何だろう、やっぱり中国人って詰めが甘いというか、外国人のことはどうでもいいと思っているんだな、と痛感した出来事でありました。