読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

ごめんごめん、いたわw

昨日アップした記事で

oyasumimizuku.hatenablog.com

文化の差はあるけど、そういう面倒を特に親しくもない外国人に平気で掛けて良い、と考えるのは、中国人くらいじゃないのかな。

中国人も、もう少し他の文化見て、自分がどれだけ非常識なことをしているのか、今一度考えた方がいいよ。

と書き込んだばかりのワタクシですが、速攻訂正してお詫びいたします

いたよ、いた!中国人ばかりでなく、パキスタニーもだよ!!

早朝8時過ぎの出来事なんだけど、今朝、朝食のための準備を部屋でしていたら、突然誰かが部屋のドアをノックしてきた。

こんな朝早くの来客といえば、寮の阿姨(寮母)さんくらいしかいない。

私宛の郵便物が届いたら、部屋までわざわざ持って来てくれたりするのだ。

てっきり、阿姨さんだと思ってドアを開けると…。

目の前にいたのは、パキスタニー。

手に携帯電話と腕時計を持っている。

どういう状況なのかわからず、頭が混乱している私に、持っていた携帯電話を突然差し出し、英語で

「ネットで買った腕時計が壊れている。今店主と電話が通じているから、返品交渉しろ」

だとさ!

言っておくけど、私、このパキスタニーが好きではない。っていうか、結構多くの留学生が嫌っている。

理由は、人間としての誠実さが、ちっとも見られないから。

名門大学に留学してきている留学生は、母国でも良い家庭の出身で、一流大学を卒業してこちらに来ている。

だから大体は皆、とても優れた人物で、尊敬できる。やはり、それ相応の教育を受けてきた人は、国は違えど大体同じような文化と教養レベルを有しているものだ。

しかし、このパキスタニーはどうやら違うんだな~。

かなり混乱はしたけど、取りあえず店主と中国語でやり取りして、返品交渉は成功したけど、パキスタニーは碌にお礼も言わずに、「いつ交換品が届くか」など、自分のことしか気にしていない。

今日は突然のことでビックリしてやってあげたけど、次回からは絶対手伝わない。

第一さ、中国語わからないなら、ネットで買い物なんてするなよ!

しかも、69元(1,400円弱)しかしない腕時計なんて、元々壊れてて当然じゃないのか。

母国の国営メディアで8年のキャリアがある、もういい歳した成人男性の買う物じゃないだろ。

もう一度言おう。

私は、中国人やパキスタニーに都合の良い便利屋じゃない!

頭に来たんで、速攻友人に話したら、「失礼な奴だ」「不愉快だ」と一緒になって憤慨してくれた。

「みみずくが優しいから、人を選んで早朝から来たんだよ」

「そんなの、ネイティブの中国人クラスメートに頼むべきこと」

等々、聞いていたら、私、舐められてるんだな~、と改めて実感。

絶対に次は断る。

「No!」と言える日本人だって、いるこたぁいるんだぜ。(`・ω・´)