みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

安心の日本製薬

最近、夕方になるにつれて胃が気持ち悪くなり、吐き気がしてしまう。特に原因は思い当たらないけど、もしかしたらストレスかな。

そう思いつつ、頂き物の日本の胃薬を飲んだらだいぶ胃もすっきりした。

しかし気分は何だかむしゃくしゃして晴れなかったので、共用冷蔵庫に放り込んだままにしていたビールを持ってきて、これも昨日ふと買ったポテチの大袋を開け、お気に入りの音楽を掛けてひとりで飲んだくれていた。

すると、コンコンとノックの音。誰だろうと出てみると、最近まで数部屋先に住んでいたマレーシア華僑の女同学だった。

カップル(婚約者同士)でこちらに留学していて、ふたりは本当に仲がいいし、性格もとても明るく誰にでも親切で、しかも美男美女!誰しもが好感を持つ、私も大好きな同学だ。

聞けば、彼の方が風邪を引いてしまい、熱を出してしまったそうだ。

しかし薬を持っていないので、解熱剤を持っていたら分けてくれないか訪ねて来た、と。

聞くなりびっくりして、風邪薬が必要なのか、それとも解熱剤だけでいいのか、と聞くと解熱剤だけで良いという。

そこで、私が持っていた解熱鎮痛剤(日本の市販薬)を差し上げて、一回何錠を一日何回飲む等、詳細を紙に書いて渡した。

ところで、中国に留学している留学生は、当たり前だが中国の薬は飲みたがらない。成分が不明なものが多く、不安だからだ。

対照的にアジア系留学生なら誰もが知っているのが、日本の市販薬の安全性である。

以前日本でお医者さんから「薬事法の関係上、市販薬に薬効成分はほとんど含まれていないから、気楽に飲んでいいよ」と言われてびっくりしたことがあるのだが、外国人にはてきめんに効くらしい。

お向かいの中東人が風邪をひいて、日本の市販の風邪薬をあげた時も、「めちゃくちゃ効いた、さすが日本製だ!!」といたく感激された。

国際親善? - みみずくDiary in China

今回も多分、安心の日本製薬の品質を信頼して、私のもとを訪ねてくれたのだと思うが、早く熱が下がるといいな、と私も思っている。

それにしても、本当にMade in Japanの信頼度は皆さんの想像以上に凄いよ!

印象と実感としては、日本製品は

  • 高品質
  • 高機能
  • 信頼性:表示などに嘘がない
  • 耐用性:何年使っても壊れない

等の面で絶大な支持を得ているそうな。

日本製品を常に絶賛されてばかりいるので、誇らしく思ってしまうのであります。(*^▽^*)