読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

♪アラ~ブ~♪

夜の11時過ぎ、お向かいに住む中東人からショートメッセージが来た。

「中東コーヒー淹れたけど飲む?」

OMG、痺れるような香りいっぱいの琥珀色した飲み物?!超好きだよ!(お若い方はご存じありますまい。)

お向かいとはいえ、最近お互いに忙しくて全然顔を合わせていなかったので、2つ返事で部屋を出た瞬間、お向かいのドアが開いて、タイミングよく招き入れてくれた。

それから、彼の母国語であるアラビア語について、中東と日本の文化について、中国の文化について、最近のフランスで起きた事件についてetc......etc......etc......

語ること気付けば午前2時半過ぎ。さすがに眠くなって部屋に戻ってきたが、しこたまカフェインを摂取したからか、目は冴えている。眠いんだけどね。

また、空腹にカフェインが効いて、胃が気持ち悪くて眠れないというのもある。

それにしても、お向かいの中東人、日本に興味があるらしい。

中国に来て初めてアジア人と本格的に交流し、見た目が似ているから「中国人  ≒  日本人」と思っている人は、彼に限らず本当に多い。

しかし、日本人との交流が深くなると、彼らは皆戸惑うそうだ。

それは、「中国人  ≠  日本人」ということに気付くからだそうだ。

そしてなぜか皆、中国への興味より日本への興味が勝ってしまうらしい。

よって、しょっちゅう「日本では○○っていう習慣があるって本当?」とか、「今日は日本の△△っていう日なんだってね」、「日本人の礼儀正しさと清廉さは本当に素晴らしい」などと言ってくれる。

ありがたいことだ。

初めて出会った「○○人」が、その人の「○○人像」を決定付けてしまう場合が多いと思う。

お褒めの言葉をいただくと、日本人らしくありたいな、と心身が引き締まる。

ところで今日分かったんだけど、お向かいの中東人、修士はサウジアラビアの某超有名王立大学に留学して取っていて、全教科の平均点100点換算中98点の好成績で修了したエリートさんだそうな。

「サウジに留学中は、優秀学生として学費・生活費(食事やインターネット接続費などすべて含む)・寮費等すべて無料の上、学期ごとに母国までの往復エアチケットと100万ドルもらってた

って言ってたよ。Viva!オイルマネー!!半端ねぇな!!!!

こっちの奨学金なんて雀の涙なんじゃないの?!

やっぱりね、優秀な成績を取る覚悟と根性さえあれば、留学するなら金持ちの国だよ!!

と思った、夜明けの出来事。

 ※タイトル「♪アラ~ブ~♪」は尾崎豊さんの「I LOVE YOU」のメロディーでどうぞ~。