みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

驚く

今朝起きて、鼻に違和感があった。

おもむろにベッドから出て試しに鼻をかんでみると、あらやだ!鼻血じゃん!

実は私、今までの人生で数回しか鼻血を出したことがなく、どう対処していいかがわからない。

予想外の出来事に自分自身でドン引いてしまった。ちなみに多分、今回で4回目の鼻血かな。

何とか止まったので良かったが、恐らくアレルギー性鼻炎由来のものであろう。

今日はなぜか悪くなかったが、こちらではこの季節、大気汚染が一層酷くなる。

日本でも話題のPM2.5なんて、日本の基準値(35μg/1㎥)*1を毎日ゆうに数倍は超えている。

ちなみに、こちらの人はこの“PM2.5”の存在をほとんど知らない

と言うよりも、一部の外国人を除き、こちらにいる人々は人種を問わずほとんど知識がない。

気にしているのは、日本人と一部の欧米人のみである。

中国より大気汚染の酷いインド人同学は、案の定知らなかった。

中国人のPM2.5に対する知識のなさは、もちろん政治的なもの*2もあると思うが、やはり教育絡みかな、と思う。

何てったって、日本語の話せる(つまりは外国語で情報が入手できる)立場にいる人でも、

「PM2.5?…???今日は、2.5もないと思います。1くらいじゃないですか?

と、平気で明後日な回答をするような現状である。

 PM2.5は非常に微細な粒子(髪の毛の更に10分の1の大きさだそうな)であるから、それだけに留まらず、様々な物質をくっつけて拡大しながら飛散・浮遊している。

私はアレルギー体質なので、アレルギー物質と有害物質のハイブリッド汚染に、身体が否応なしに反応してしまう。

まあ、ここにいる以上、自衛して対策するしか術はないのだけれど。

それにしても、今日は朝から驚きましたわ。

*1:対して、中国の基準値は75μg/1㎥と、日本の方基準が厳しい。しかし、以前は100μg/1㎥だったので、これでも厳しくなった方なのだ。

*2:11月に北京で行われたAPEC開催期間中は、PM2.5の情報自体がすべてトップシークレット扱いされ、数値が一切公開されなかった