読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

寒い=寂しい

足下に置いていたヒーターが壊れて早1週間。

もうこれ以上、ここで電化製品を買うのは嫌だ。どうせ1シーズンも持たずに壊れてしまう。

と言うわけで、散々探し回ってやっとルームブーツを買った。

1足約40元ナリ。今、1人民元が約20円だから、決して安い買い物ではない。

(ちなみに、元値は約60元。プロモーション中でこれでもお安く購入できた。誤解している人が多いと思うのでここで明言するが、中国の物価は、決して安くない。地域格差も大きいが、日本と同等かそれ以上の場合も少なくない。)

しかし、部屋の中で凍えるよりはマシだ。

そして先週土曜日、ようやくスーパーに色々な買い出しに行ってきた。

ひとりで海外で生活していると痛切に感じるのだが、「寒い」と「寂しい」。

誰も知り合いのいないこの街で、毎日孤独を感じて暮らしていた留学初期、本当に日々辛かった。

しかも、寒いとそれだけでエネルギーを消耗するのか、やたらとお腹が空く。

寒い・寂しい・空腹、という三重苦で毎日辛くて、でも私には日本に家族がいるわけでもないから頼る人もいないし、泣くに泣けなかった。

それを経験してから、寒くなると私はとにかく、食料を買い込む。

お腹さえ満たされていれば、寂しさも和らぐ。

寂しささえ克服できれば、まだ前向きに物事を考えることができる。

そこで、同じ寮に住むマレーシア人華僑の友人に教えてもらった、海鮮物の乾物(アサリとか、牡蠣とか)や、いりこの煮干しを初めて購入。その他、牛肉、鶏肉にベーコンにサーモン…。

とにかく買い込み、肉類は下処理して共用冷蔵庫の冷凍庫に放り込んで、ようやく一安心。

あんな寂しい思いは、二度としたくない。

寒いと寂しい。

でも、お腹を満たせば、気力も湧いてくる。

寒いけど、きっと寂しくないはず。

よし、美味しいもの食べて、元気出そう。