読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

ラジオ体操と朝市

抗アレルギー薬を飲み始めてから、薬効のある間は大分身体の調子が良くなってきた。

しかし、丸2週間寝込んだ後遺症なのか、今度は酷い腰痛に悩まされている。

元々腰痛持ちで、


つぼ膏 - みみずくDiary in China

ずっと悩んではいるが、またもや少し動いただけで激痛である。

体質もあるだろうが、腰回りの筋肉を鍛えることで腰痛が少しは軽減できないか、そう考えて、毎朝のラジオ体操をまた復活させることにした。

ちなみに、こちらに来た数年前、あまりの空気の悪さに外出できない日々が続き、運動不足が心配になった時期にも、毎朝夕二回行っていた。

思い起こせば、その時期は体調が良かったように思う。

日本の国民的体操とも言えるラジオ体操、これはかなり合理的にできている体操で、真面目にやるとすぐわかるのだが、全身の筋肉を満遍なく、且つ身体の負担は最小限にしつつ動かすことができる。

(余談ではあるが日本人って本当に賢いんだな、とここでも再度気付かされた。)

これを、本気でする

第一・第二合わせて6分くらいの運動であるが、大真面目にやれば、じんわり汗ばむほどの運動量である。数年前に初めて取り組んだときには、筋肉痛になったくらいである。

これをまた、今朝から再開した。

当然、腰が激痛で動かないので、動かせる範囲でだけ行ったが、身体も頭もスッキリして、やはり気持ちが良い。

そして今日は遂に、構内で毎朝立っている朝市にやっと行ってきた。

大学都市

過去記事でも何度も言及しているが、基本的に中国では、大学内で生活のすべてがまかなえるようにできている。

「大学都市」や「学園都市」などと日本でもよく言うが、中国の場合まさに「大学=都市」であり、大学がひとつの都市の役割を果たしている。

よって、教職員・学生含め、基本的に全員が大学キャンパス内に居住し、キャンパス内には、日本にも必ずある大学附属図書館以外に、

  • 学生・教職員寮
  • 食堂(イスラム教徒専用レストランも完備)
  • スーパー
  • 書店
  • 印刷所(名刺から資料の印刷まで何でもできる。版権は無視
  • 果物屋
  • カフェ(中国人もようやくコーヒーを飲むようになった)
  • 修理店(中国製電化製品はすぐ壊れる。腕時計の電池交換も可)
  • 理髪店(カリスマ理髪師のおっちゃんが、200円くらいで切ってくれる)
  • 眼鏡屋(中国の大学生の眼鏡率は日本より高い)
  • スポーツジム(中国人は身体を鍛えるのに熱心)
  • 病院(プライバシーは皆無。診察内容は全員に丸聞こえ)
  • TV・ラジオ局(たまに番組収録のサクラとして呼ばれる

などなど、ありとあらゆるものが揃っている。

そして、どんな大学でも必ず「果物屋」があり、果物屋のない大学は恐らく皆無である。それほど中国人は果物を食べる。日本では「果物=進物の高級品」であるが、こちらはお菓子が高いので、お菓子代わりが即ち果物である。

その他に、衣料品や生鮮食品の市場が毎朝6時から大体お昼頃まで立っている。

今日はやっとその朝市に行って、野菜やマッシュルーム類を仕入れてきた。

これでまた健康的に暮らせる。

自分を幸せにするためには、まず健康でなくちゃね。