読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

アレルギー性鼻炎薬

ずっと風邪だと思っていたが、どうやら様子がおかしい。

そして思い当たったのが、アレルギー性鼻炎。

私は元々アレルギー体質で、アレルギー性結膜炎を始め諸々罹患している。

もしや、これじゃない?

鼻はむず痒いし、鼻づまりで呼吸も辛い。くしゃみなんて一度出ると全然止まらない。

頭はボーッとして、鼻づまりも相まって集中力が全くなく、何も出来ない。

この不快な症状を、一刻も早く打開したい!

というわけで、日本で処方されたことのある抗アレルギー薬「クラリチン」がこちらでも薬局で購入できることを知るや、すぐに買いに走った。

先ほど飲んでみたが、どうなんだろう…。

まだ鼻づまりは解消されていないし、目の不快感も。

まあ、すぐには効かないだろうな。

取り敢えず、お湯をせっせと飲むのは継続中。

ところで、日本語ではお湯のことを「白湯」(さゆ)というが、こちらでは同じ漢字でbai tangと発音し、白濁した塩味系スープのことを指す。

お湯は「开水」(kai shui)で、开(開)は動詞でぐらぐら沸騰させる意味である。よって、こちらにいると白湯とは言わず、「お湯」という方がしっくりくる。

ちなみに、このクラリチンは商品名で、元々の薬名は「ロラタジン」、漢字で《氯雷他定》(lv lei ta ding)。

こちらでアレルギー性鼻炎にお困りの方は、是非お試しいただきたい。