みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

モチベーションを上げたい

風邪を引いて丸2週間。

ようやく身体が自由に動くようになったが、今度はモチベーションが上がらない。

何だろう、私の場合あまり日本に帰らないからかも知れないが、ここにずっといると、心底ウンザリしてしまう。

中国人にも、中国語にも、中国社会にも、中国文化にも。

ありとあらゆる中国のものに拒否反応が出てしまう。

そして、「どうして」と考えてしまう。

  • どうして、中国人はあんなにもマナーが悪いのか
  • どうして、中国人は平気で嘘をつくのか
  • どうして、中国人はあんなにモラルがないのか
  • どうして、中国人は自分の文化を外国人に押しつけるのか
  • どうして、中国人は他人を尊重しないのか
  • どうして、中国人は平気で他人を罵倒するのか
  • どうして、中国人は平気で外国人差別をするのか

etc, etc, etc......

列挙しきれないほど、次から次へと「どうして」が湧いてくる。

「どうして」がいっぱいになると、中国語に拒否反応が出て、聞くのも見るのも話すのも嫌になる。

日本には今、多くの中国人が暮らしていて、私の知る中国人も日本の社会を知るや「もう中国には帰りたくない、違法でも何でもいい、どうしても日本で暮らしたい」と異口同音に言い始める。

そりゃそうだろう。

あんなに外国人に優しい国を、私は他に知らない。

日本は島国であるから、鎖国の歴史も手伝って、外国のもの=先進的情報・技術と捉え、積極的に受け入れるし、他の国と比べものにならないくらい、外国人を尊重する。

日本の文句ばかり言っている外国人もまれにいるが、そういう人に限って、母国に帰ろうとせず、日本に居座り続けている。

本当に日本が差別的で外国人の暮らしにくい国であるならば、母国に帰れば良いだけの話だ。

それをしないということは、もうお察しであろう。

翻って、こちらにいる外国人で「中国にずっと留まりたい」と言っている人を、私は知らない。

みんな、「外国だし、留学の一時的な生活だから我慢できる。一生ここにいるのは到底無理」と言っている。

私は、中国崇拝者ではない。

「将を射んと欲すればまず馬を射よ」で、中国にいるに過ぎない。

何だろう、モチベーションが上がらないからか、ネガティブな方向にしか考えが及ばない。

PM2.5の値も、1㎡あたり150μg以上と、外出するには危険な値だ。

おいそれと散歩にも行けない。こんな状況で、どうやって気持ちを切り替えたら良いのだろう。

こういう時には、どうしても原因を余所に探してしまう。

自分を責めたくないのだ。疲れがたまってるな~。