みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

科学のない国

ここで暮らしていると、「科学のない国だなぁ」と割合頻繁に思う。

先日2つのエントリーでも触れたが、

地味にこたえる - みみずくDiary in China

Viva! Chinese Therapy!! - みみずくDiary in China

 

「風邪を引いた時にお湯をたくさん飲む」というのは、実に理に適っていると思う。

風邪の発熱時、身体からは相当な水分が失われる。脱水症状を防ぎ、かつ代謝を上げる、という点でも、これはとてもよい対処法だと思う。

 

しかし、その他はどうか。

 

例えば、真夏の猛暑時。

こちらの男性は、平気で上半身裸になる。

それが、最も涼しい方法だと信じている。

だが、それは科学的に否、である。

人間の体温というのは、日本人なら誰でも知っている(中学校の必須科目:家庭科で学習する)ように、皮膚と衣服の間の空気の層によって調節が出来る。

ここを適温に導けば、外気温よりも体感温度を高く、または低く保つことが可能である。

そこに着眼して開発されたのが、今や防寒衣類としてすっかり定着した吸湿発熱繊維で、Wikiを見る限り、2003年にユニクロ(ファーストリテイリング)が“ヒートテック”として発売してから一般に普及したようである。

これを皮切りに、今では各社が同様の防寒着を多数開発している。

防寒ばかりでなく、冷感素材も開発されており、やはり前述の科学に基づいている。

よって、中国人男性のように猛暑時に半裸になるというのは、非文化的な行為であるばかりでなく、体温調節という点でも全く非科学的である。

半裸になるよりも、下着を工夫した方がよっぽど涼しく感じるのだ。

 実際に私も、南半球のある国に夏期滞在したことがあるが、日本よりもずっと暑く太陽光線の強い国で、毎日長袖シャツを着て過ごした。半袖を着るよりも、太陽光線も防げ、また体温調整も楽になるので快適に過ごすことが出来た。

 

その他、日本ではすっかり定着した、残ったご飯の冷凍保存。

これも科学的根拠に基づき、冷蔵保存よりも味の劣化が少なく、また冷蔵よりも長期間保存が可能であることから日本では一気に普及した。

つまり、日本人は科学的根拠に基づき合理性や整合性が証明されたものに対して、信頼を寄せる

一方の中国は、未だに「米飯の冷凍保存?中国人はしないね」というスタンスである。

科学的根拠を説明しても、「(冷蔵保存が)習慣だから受け入れない」と平気で突っぱねる。

 

ここに、科学に生きる日本人と迷信に生きる中国人、という構図が見られるような気がしてならない。

(これには、日本人は比較的教育水準が高いので、科学的根拠を説明されても、比較的容易に理解できる、という教育問題も絡んでいるかも知れないが。)

 

この国民性について最も象徴的なのは、2008年開催の北京オリンピックであろう。

8月8日開幕ということで、中国滞在歴のある外国人の間では、「死人が出るんじゃないか」と当時持ちきりだったそうだ。

というのも、内陸である北京は盆地であり、冬はとてつもなく寒く、夏は風も吹かずとてつもなく暑い。

盛夏の8月開催に、中国人ですら正気の沙汰なのか、との感想を持つものも少なくなかったそうである。

ではどうして酷暑の8月開催になったのか。

それは単純である。

  • 8月8日=八八(ba ba)=末広がりの八、発音のba=発(発展する、富む)が重なる=縁起が良い

からである。

中華民族にとって縁起の良い数字、8が重なる日に開幕、と何の科学的根拠もない。

くしくも2008年の開催、そして開幕式は確か夜8時開始だったように思う。

つまり、8が4つも重なるので、中華民族にとってはこの上なく縁起が良く、そして国の発展を象徴的に内外にアピールすることが出来るという訳だ。

 

ちなみに、私の記憶が確かならば、アジアで初めて夏季オリンピックが行われた、1964年の東京オリンピック。

10月10日の開幕であったが、この開催日は科学的根拠に基づく。

オリンピックという世界の大舞台には、世界中から一流アスリートと観光客が日本に押し寄せる。

その世界中からやってくる方々が快適にオリンピック競技に参加し、また観戦し、観光できるよう、最も過ごしやすい気温で、最も雨天の少ない日のデータを過去数十年分取った。

すると、例年10月10日前後が最適であることがわかり、この日になった、と昔何かで読んだことがある。

これを大人になってからも事ある毎に思い出し、「日本人の“おもてなし”精神って素晴らしい」と思ってきた。

 

かたや科学的根拠、かたや民族の誇りが国の威信をかけたオリンピックの日程を決定するのである。

 

21世紀開幕のオリンピックですらこうであるから、その他はお察しレベルである。

日本ってやはり、世界でも超一流の先進国でっせ、マジで。