みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

なぜなんだ

私は割と旅行が好きだ。

しかも、格安で行くのが好きだ。

とは言え、私が安く抑えるのは交通費(航空券代)と宿泊費くらいである。

宿泊費と言っても、基本的に一人旅なので、セキュリティが心配な安すぎる宿にはもちろん泊まらない。

交通費と宿泊費を抑えて、現地でひとつでも多くの美術館や寺院を巡りたいし、美味しいものを食べたい。

という訳で、必然的にローカルバスなどにもガンガン乗る反面、タクシーなんて滅多に乗らない。

そして、美味しいものは観光客向けよりも、現地民のグルメどころをリサーチして行くので色々なものを意外と安く食べたりしている。

まあ私の場合、メチャクチャではあるが少なくとも3か国語で情報収集ができるので、情報量も自然と多くなるのかもしれないが。

よって、「この前○○に行ってきたけど、宿泊費とか交通費、食費すべて含めて△万円以下だった」と話すと、大抵の人からかなり驚かれてしまう。

で、この前、ゆとりちゃんグループにそういう話をしていたら、「凄~い!どうやって探したんですかぁ?」と言われたのだが、あるゆとりくんが、

 

「まあ、(レストランとか)どこに行くかにもよるよね。安いところ行けばそんなもん」

 

とか言ってきて、おやまあ、やっぱりゆとり世代って、ナチュラルに人をディスるなぁ、と改めて思ったわ。

ちなみに、私は観光客相手の美味しくない割にボッタクリ価格の店に行かないだけで、それなりのところにしか行ってないぞ!

 

それから、日本にいる知り合いが台湾に行きたいらしいのだが、「宿泊費、渡航費自己負担で来ないか」って言ってきたんだけど、それって体のイイ“無料通訳”だよね?

なぜ行かにゃならんのよ。

台湾って日本語通じるって日本のTV番組見て行きたいなぁって思ったんでしょうに。

日本語通じるなら、それでいいじゃないの。

 

いっつも思うんだけど、日本と違って、海外ではやはり外国人はボッタクリの対象だし、特に日本人ってやっぱりいいカモだと思う。

でも、多少のボッタクリも不自由もすべて含めて楽しめるタイプでないと、海外なんて行っちゃダメだよ、絶対。

私は海外なんて「そんなところだ」としか思ってないけど、そんなに日本と異なる対応が嫌なら、日本国内の旅行を楽しめばいいだけだと思う。

 

海外に行ってまで、何から何までお世話が必要なのであれば、ガイド付きパックツアー旅行に申し込めばいいだけの話だ。

私が海外で面白い経験をしているのは、そいういう団体旅行が苦手で、すべて自分で手配しているからだ。

その代わり、色々な困難にもぶち当たるし、すべて自分で解決しなければならない。でも、それを含めて楽しいと思っているにすぎないのだ。

 

マジで、不自由を楽しめないくせに、なぜ海外に行きたがるんだ。

 

不思議だ、本当に。