みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

夏バテに漢方

とにかく、暑い。

今日なんて、丸一日、身体が怠くて怠くて仕方がなく寝込んでしまった。

というか、ここのところずっと調子が悪い。

すると、ある日本人の友人が、「夏バテしてしまったが、中国人に勧められた漢方薬を飲んだところ、てきめんに効いた」と言っていたので、藁にも縋る思いで何という漢方薬か聞いてみた。

その友人からは、「正気水」という漢方で、小さなアンプル状の液体だということだった。

ただ、強烈に不味く、そしてアルコール度数45度と聞いて、ちょっと躊躇していた。

しかし、こちらに来た当時、強烈な体調不良に悩まされた際に購入した漢方薬は何だったかな、と見てみたらなんと、これのソフトゲルカプセルであった。

何たる偶然、と早速服用してみて思い出したが、ソフトゲルでもこの薬は十分に不味い。

とは言えさすが評判の漢方、身体が怠くて怠くて仕方がなく、少し動いてはベッドにバッタリ倒れこんでいたのに、何とか普通に動けるまでに回復した。

まだ怠さは残っているが、一度の服用でこれだけ回復するなんて、嬉しい限りである。食欲も出たので、散歩がてら外食にまで行ってきた。

あらま~!\(◎o◎)/

あれだけ酷かったのに、何なのコレ。怖いくらいだわ。

ちなみに、以前購入したときは、「お腹を下している」と薬局に行って相談して購入したのだが、その際には残念ながら特に効かなかった。

明日も飲んでみて、しばらく様子を見よう。

 

そうそう、その漢方薬の名前:藿香正气片(丸、水)

薬剤の形状によって、片だったり、丸だったり水だったりするが、「藿香正气」(huoxiang zhengqi)を頼りに薬局で探せば、こちらではどこででも入手できる、至ってポピュラーな漢方である。

色々な製造元から発売されており、私が購入したのはソフトゲルカプセル状で30粒入りで10数元、確か20元しなかったと思う。

ちなみに「水」は、上述のように味に癖が強くアルコール度数が高いが、とても効くらしいので、勇者は試してみられたい。