みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

「大丈夫ですよ」???

そういえば前回帰国していた時、非常に気になる日本語があった。

それがタイトルの「大丈夫ですよ」である。

「大丈夫ですよ」?

 例えば、レストランやショップなどで、店員さんにお箸の提供や洋服のサイズの有無の確認などのサービスをお願いした際、

「はい」

「少々お待ちください」

「かしこまりました」

の代わりに、

大丈夫ですよ

と言われるのだ。

 

一体何が「大丈夫」? ー「大丈夫」の使い方を分析する

こう言われると私の頭は混乱してしまう。

一体、何が大丈夫なのか、と。

 

普通、「大丈夫ですよ」と人に言うのは、(故意か無意識かを問わず)相手に何か面倒や迷惑を掛けられた場合や、何かが足りた・満足した場合に使うことが多いように思う。

 

例えば、満員電車などでそばにいた人から誤って靴を踏まれた場合。

この場合、故意ではないが日本人なら必ず言う「すみません」に対しての、「大丈夫ですよ」(=お気になさらないで下さい)。

 

また、この場合、人と人の位置関係としては、

動作の受け手 > 動作の主

である場合が多い。

動作の受け手は、つまりは該当の動作である迷惑を蒙る方であるから、やはりその迷惑を相手に与えてしまった動作主の方が下となる。

 

よって、「大丈夫ですよ」とは、(対話の当事者間における立場の)上から下に作用する言葉であることが予想される。

 

そして例えば、食事やお酒の席などで「もう少しいかがですか」と尋ねられた場合の、「大丈夫です」(=十分です/もう結構です)。

この場合の「大丈夫です」は、状況から言って、冒頭の使われ方とは性質を異にする。

 

もしかして、「ゆとり」作法?

こう分析してきて、もうお分かりであろうが、冒頭で紹介した店員さんたちは、

顧客から発せられるサービス依頼

を、

迷惑・面倒

と捉えている可能性が高い、ということだ。

もちろん、店員が顧客にサービスを提供するのは、当然のことである。そのために雇用され、対価として賃金を得ているのであるから。

 

とはいえ、最近の店員さんは明らかに若い世代が多く、特に「ゆとり世代」と言われる層が主である。

この世代は実に独特で、私も「本当に日本人なのだろうか」と思ってしまうほど、日本語ですら通用しない人も少なくない。

 

この世代の人々には、もちろん物怖じしないなどの長所もあるが、欠点も多いように思う。

 

顧客に対して「大丈夫ですよ」と疑いもせずに使ってしまう店員さん、きっと腹の中では

ウッゼェー客だな!!

とか、思っているんでしょうねぇ…。