みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

疲れる

あまり知られていない話かもしれないが、大学院生であっても、中国人は簡単な英単語さえ知らない。

とても不思議なのだが、こちらの大学では、どの分野であっても院試に英語が必要だと聞くし、本科生であっても大学生用の英語試験に合格しなければ、卒業ができないらしい。

なのに、ごくごく簡単な単語さえ通じない。

日本ではよく日本の英語教育が批判の対象になるが、個人的には、日本の英語教育はそれほど悪くないと思う。

こちらでは、まだまだ知らない単語、とっさに出てこない単語が多い。その場合、留学生同士では英語で済ませてしまうのだが、中国人ネイティブと話す際には、現在のところ100%通じたことがない。

なぜこんなに英語が通じないのだろうかと、留学生たちといつも話すのであるが、中国人は思い込みがあって、「日本人に比べ、中国人は英語が得意だ」と信じている。

しかしこれは、比較対象がてんでお話にならないのを考慮しなければならない。

彼らが比較しているのは、「英語を専門として高等教育を受け、英語を生業としている中国人」と、「普通に義務教育を受け、高等教育でも英語を専門としていない、一般的な日本人」である。

もともと比較が出来ないのに、わざわざ比較して日本人は云々と言っているに過ぎない。

ええと、私が言いたいのはつまり、中国人と話すと疲れる

これに尽きる。