みみずくDiary in China

中国留学中のみみずくによる普段着のChina徒然日記

人生いろいろ

台湾にいる兄(的存在の友人)が海外旅行中、目を負傷して今月下旬に手術予定だ、と聞いていたのでSkype経由で状況を聞いてみた。

すると、思った以上に状態が悪く、手術は受けたものの、術後も恐らく元には戻らないと診断されたそうだ。

もちろん視力に異常はなく、問題は美観上の不都合であるらしい。

もうそれはそれは可哀想な落ち込みようで、私も胸が痛かった。

やはり自分の外見上の変化は、誰だって受け入れ難いし、不快だろう。実はずっと、死さえ考えていたという。

その言葉に私は驚き、そんなに深刻に考えることではない、視力には問題がないのだから、と慰めることしか出来なかった。

しかし楽観的に考えてみれば、外見上の変化があっても、今までと変わらぬ態度をとってくれる人こそ、真の友達である、と励ましておいた。

私がどれほど力になれたかはわからないが、今まで助けてもらっている台湾の兄には、元気で居てもらいたい。

そのために何か力になれることがあれば、力を尽くそうと思っている。

 

そして昨夜のこと。夜21時頃小腹が空いてしまい、しかし近くのコンビニやベーカリーには何もお目当てがなかったので、仕方なく比較的遠くのお店に行こうと歩いていると、3歳くらいの子どもを連れた若夫婦の旦那の方に、突然呼び止められた。

「子どもに食べ物を買うのに…」と聞こえたので、近所に子どもも食べられる食堂はないか、と尋ねられたのだと思い足を止めると、どうやら違う。

よくよく聞けば、ただの物乞いだった、という…。

しかし、身なりもかなりきちんとしているし、とにかく若い。恐らく20代初めだと思う。

そんなに子どもに何か食べさせたいのであれば、奥さんも若くて元気なんだから、奥さんに子どもを数時間見てもらって、その間どこかでアルバイトでもすればいいじゃない。

なんて甲斐性のない旦那なんだ、奥さんも奥さんだ、ふたりとも若くて元気なのに、働けないはずがないじゃないと腹が立ち、「お金ないよ、私」と言い残して立ち去った。

こちらでは、お年寄りの物乞いをよく見る。寒いのに地べたに座り込んで、道行く人々に必死で頭を下げている。

年をとって働けない人々がこのように恥ずかしい思いをして、しかし必死で生きようとしているのに、あの若い夫婦は何なんだ。

私が怒ってしまったのは、このような中国の実情を見てきているせいかもしれない。

 

そして最後に、先日日本人男子留学生に買い物を手伝ってもらった時のこと。

荷物を抱え寮に戻る道すがらふと、「僕たちってカップルに見えているんですかねぇ」と言われたのだが、その表情にかなり陰りが見えたので、「まさか!!どう頑張っても姉弟、最悪親子にしか見えてないって!!(ヾノ・∀・`)」と心中思っていたのであるが、意地悪心が湧いて、「さあねぇ?♪~ <(゚ε゚)>」と答えておきました、とさ。

 

人生、誠に色々である。